EY Japan
LGBT+ネットワーク Unity

Unityの取り組みとは

東京レインボープライド

EY Japanは2013年から東京レインボープライドに協賛しています。パレードへはエグゼクティブも参加し、LGBT+へのサポートを続けることを毎年表明しています。Unity Japanメンバーと社内公募ボランティアが中心となって企画・運営を行っています。

2019年のメッセージは「Proud Together」。約150人もの社員とその家族、友人が渋谷の街をパレードしました。また、代々木公園のフェスタでのEYブースではリストバンドを配布した他、特設フォトブースにて、訪れた方々を撮影、モザイクアートを作成する取り組みを行いました。

また、パレードの様子やフォトブースの写真を合わせた約500枚の写真をもとに、Unityモザイクアートを作成しました。

東京レインボープライド

国際反ホモフォビアの日(「IDAHOTB」、International Day Against Homophobia, Transphobia and Biphobia)

5月17日は国際反ホモフォビアの日です。EYは世界中のレズビアン、ゲイ、トランスジェンダーおよびバイセクシャルのメンバーに対するサポートを決して止めないことを改めて表明しました。

EY Japanは、UnityのバナーとLGBT+の方々をサポートする証となるアライシールを受付に設け、EY Japanを訪問される方にも協力を依頼しました。また、受付近くのスクリーンではLGBT+への支援を呼び掛ける動画を上映しました。

国際反ホモフォビアの日

D&I Month

EY Japanは、メンバー全員がD&Iの重要性を理解して日々の業務に生かせるよう、毎年特定の月を「D&I Month」に指定して、期間中さまざまなイベントを開催しています。2018年のD&I Monthでは、日本文学研究者のロバート キャンベルさんを講師としてお迎えし、『「ちがい」を持つ人々との素敵な日々に向けて』というタイトルでご講演いただきました。私たちUnity Japanは、継続的にLGBT+セッションが開催されるようD&I Monthをサポートするとともに、D&I Monthを通じてネットワークを広げています。

D&I Month

Newsletter

Unity Japanのメンバーは、四半期ごとに配信されるD&Iニューズレターに寄稿しています。LGBT+に興味を持ってもらい理解を深めてもらえるよう、さまざまな情報を発信しています。

Unity Lunch

Unityは定期的にUnity Lunchを主催しています。EY Japanのメンバーに加え、エグゼクティブも参加する賑やかな会です。

イベントに合わせた企画も盛り込んでおり、LGBT+について話し合う他、Pride Monthにレインボーケーキをいっしょに食べるなど、多くの人に関心を持っていただけるような会を実施しています。

Unity Lunch

相談窓口

Unityの活動目的の一つはLGBT+メンバーの相互サポートです。Unity内には自身のセクシュアリティをオープンにしているLGBT+メンバーもいます。個人情報保護の観点から限られたメンバーのみが閲覧できるメールアドレスや、D&Iチーム、エグゼクティブ・スポンサーの連絡先などを提供し、困りごとがあれば本人が直接相談できる体制を作っています。