EY Japan
LGBT+ネットワーク Unity

Unityからのメッセージ

Unityは、誰もが自分らしくいることのできる職場を目指し、相互サポートと啓発活動にフォーカスした活動を行っています。「LGBTの人もそうでない人も、誰もが働きやすい職場をつくるために、具体的に何が出来るだろう?」という点をいつも議論し、行動、反省し、試行錯誤を重ねながらメンバー全員でUnityを作り上げてきました。Unityはメンバーをセクシュアリティで区別していません。LGBTのメンバーもアライのメンバーも一緒に働きやすい環境づくりについて考えていける場所があることに誇りを持っています。

Unityのメンバーは仕事をしながら活動に参加しています。そのため、人や時期によって、活動に携わる時間や密度に濃淡があります。「何かやりたい」、「どうしたら少しでも誰でも自分らしくいられる環境がつくれるのだろう」などメンバーの想いもそれぞれです。Unityでは一人一人違うスタイルで活動に取組むことができます。

例えば、Unityニュースレターの制作は情報収集や翻訳、デザインが得意なメンバーが担当し、社外イベントにはプレゼンが得意なメンバーが参加し、企画が好きなメンバーは東京レインボープライドなどのイベントをリードするなど、一人一人が自分のスキルを活かしてUnityの運営に貢献しています。

私たちが大事にしているのは、楽しみながら活動すること、そして皆で一緒に議論しながら物事を進めていくことです。
小難しそうなことは近寄りがたいけど、楽しいことは人を惹きつける。一人ひとりができることは小さいけれど、みんなで集まれば何かの力になる。
私たちは、今の自分達でできることを模索しながら、EYの理念である"Building a better working world"を少しずつでも実現するべく、楽しみながら活動しています。

Unity運営メンバー一同