新型コロナウィルスによる影響シリーズ

新型コロナウイルス感染症による影響シリーズ

新型コロナウイルスの感染拡大が経営、事業、組織・人事に及ぼすさまざまな影響とその対応・対策を発信しています。

トピックス
  1. 会計への影響
  2. 働き方への影響
  3. 危機管理、経営戦略への影響
  4. 海外赴任者の税務への影響
  5. VATコンプライアンス業務への影響

会計への影響

日系企業を含む多くの企業が中国で製造や販売を行っています。新型コロナウイルスの感染拡大により、一部の工場や店舗が閉鎖や休止に追い込まれています。このような状況下で会計処理上どのような点に留意すればよいのでしょうか。感染拡大や工場閉鎖により減損会計やその他の見積もりに与える影響はどのように検討されるべきか、貸借対照表日以降に影響を受けた場合の開示はどうすればよいかなど、検討しなければならない点はさまざまです。EYでは国際会計基準(IFRS)において検討すべき項目をまとめています。

働き方への影響

新型コロナウイルスの感染抑止のために、十分な準備期間を設けられないままテレワークが導入された企業もあり、テレワークの在り方が多くの企業で議論され、さまざまな課題が浮き彫りになっています。働き方改革にも求められる"テレワーク(リモートワーク)"に役立つノウハウや方法論を「ルール」「ツール」「信頼」の観点からまとめました。

危機管理、経営戦略への影響

グローバル企業が現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機を乗り切るにあたり、企業のリーダーが考えるべき重要な問題や、事業を再構築し、再建を計画するために行うべき取り組みがあります。EYのプロフェッショナルが、新型コロナウイルス感染症が最初に影響を与えた中国およびアジア諸国からの視点と経験に基づき、企業のリーダーが考慮すべき5つの優先事項を特定しました。

海外赴任者の税務への影響

新型コロナウイルス感染症の影響で、中国を中心に海外赴任者の一部を日本に一時帰国させ、日本で勤務させているケースは多いのではないでしょうか。EYでは、海外赴任者を日本に一時帰国させた場合に生じる税務面の問題についてアラートを発行しました。

VATコンプライアンス業務への影響

多くの企業が、新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務を推奨し、ワークスタイルの大きな変化に直面しています。しかし、企業は今まで通り適切なVATインボイスの発行とデータ確認を行い、正確なVAT申告書を提出しなければならず、日系企業の海外子会社もVATコンプライアンス業務の管理で課題を抱えているかもしれません。EYによるVATの緊急対応サービスでは、VATコンプライアンス専門家が貴社のニーズに合わせシームレスにサポートします。