業種別

自動車産業

今後急速に進展してくであろうと言われているConnected CarやMobilityは、今までにない大きな企業成長や社会変革をもたらすオポチュニティである反面、どのようなリスク、課題が潜在しているのか、まだ具体的な検討・分析の途上であると言えます。

これは、一つの産業領域では解決ができない広範囲のテーマであり、今までにない業種間、そして企業間の連携が急務となっています。

我々EYでは、最新の分析テクノロジーや戦略立案経験などを駆使して、企業が最適な道を選択できるようご支援するとともに、企業間や業種間の横断的な連携構築をサポートします。

新着情報(最新3件)
ナレッジ

Changing lanes

本稿はEYが世界各国の125名のエグゼクティブ層を対象にサーベイを行い、自動車業界が直面している~2016年の主要な経営課題を調査しまとめたものです。日本語翻訳版もご用意致しましたので合わせご参照下さい。

業種別会計シリーズ 自動車産業

本書は、自動車産業、主に完成車メーカー、部品サプライヤー、ディーラーにおける業務の流れに沿った基礎知識や、会計・税務・内部統制に関する特有の論点を幅広く紹介しています。また、近年の環境変化に伴う会計上の論点を含めて、できるだけ図表や設例・仕訳例を使って、分かりやすく取り上げています。自動車産業における実務担当者の手引書として有用な一冊です。


グローバル実績

自動車セクターのプロフェッショナル約14,000人が、EYのグローバルネットワークを活用してサポート

EY Japanは、海外に駐在員もしくは日本企業担当のプロフェッショナルを配置しています。

世界トップのマーケットシェアを有する監査実績

「2016 Fortune 1000」の自動車関連企業の監査において、世界トップのシェアを有しています。

参考:「2016 Fortune 1000」

2016 Fortune 1000