業種別
RegTech(レグテック)

EY Japan協賛イベントにて、英ケンブリッジ大学のRegTech調査レポート「The Global RegTech Industry Benchmark Report」が公表されました

2019.09.04

英ケンブリッジ大学オルタナティブ・ファイナンス・センター(以下、CCAF)によるRegTech(レグテック)調査レポート「The Global RegTech Industry Benchmark Report」が、2019年9月4日、日本経済新聞社および金融庁主催FIN/SUMのEY Japan協賛ワークショップにて、世界に先立ち公表されました。

このレポートは、CCAFがRegTech業界主要団体や本分野の第一人者の支援を受け、EY Japan単独スポンサーの下、RegTech企業やSupTech(スプテック)企業などを対象に行った業界初のサーベイをもとに作成され、サーベイ対象には日本企業も含まれています。

科学的根拠に基づいて決定したレグテック企業の分類システム〔タクソノミ〕の作成を主眼として、広範にわたるイノベーション・エコシステムの中での業界の見通しやその立ち位置をCCAFが評価した内容となっており、まさに今、世界で形成されようとしているレグテック・イノベーション・エコシステムの未来をご覧いただく最新情報が纏められたものとなっています。

原文(英語版) ケンブリッジ大学のウェブサイトが開きます(University of Cambridge ウェブサイト)

<本件に関するお問合せ先>

EY新日本有限責任監査法人



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?