業種別

ビジネスアナリティクスサービス

金融業界では、新たな成長・事業機会の創出、厳しいコスト管理要請への対応、高度化・詳細化するグローバル規模の諸規制への対応等の重要な経営テーマへの対応のためにデータ分析の活用が必須となっています。

データ分析によるアドバイザリーサービス

社内データ、ビッグデータを活用した顧客モデリングをベースに、収益拡大施策と社内ケーパビリティ開発施策の両面からのアプローチを特徴としています。

  • 成長と利益拡大
    • 新規事業開発、新商品開発への活用
    • CRMの高度化(離脱回避分析、クロスセリング分析、ケーパビリティ分析)
    • チャネル戦略・ソーシャルメディア戦略
    • プライシングモデルの高度化(リスクプライシング導入等)
  • コスト最適化
    • コスト削減と業務効率化
    • 高度な財務データに基づくキャッシュ効率の向上
    • 急増するデータへの対応、インフラコストの削減
  • リスクと当局規制
    • ドッド・フランク、バーゼルIII、マネーロンダリング規制等の当局規制対応
    • 財務報告・リスク報告の複合化と詳細化への対応
    • ストレスシナリオテスト分析

アナリティクスとカスタマーエクスペリエンスによる顧客との信頼関係構築

アナリティクスとカスタマーエクスペリエンスによる顧客との信頼関係構築
本レポートは、EYとForbes Insightsの共同調査の結果で、視点を深め、また主な4業種、300名以上の企業幹部からの質問に対する回答をまとめたものです。詳細は以下のページをご覧ください。