業種別
WAMラウンドテーブル開催結果

フィデューシャリー・デューティー ~内部監査の観点から~

2016.07.15

フィデューシャリー・デューティー ~内部監査の観点から~ 2016年7月6日、弊法人ではアセットマネジメント会社等の19社(24名)の皆様をお招きし、「フィデューシャリー・デューティー ~内部監査の観点から~」と題するラウンドテーブルを開催しました。

前半では、金融アドバイザリー部の奥村シニアマネージャーが第I部でフィデューシャリー・デューティーに係る規制動向についてご紹介しました。続けて、金融部の濱田マネージャーが第II部においてフィデューシャリー・デューティーの実践と内部監査の役割について、第III部ではその実践状況に対する内部監査項目について解説しました。

後半では、出席者の皆様と弊法人ファシリテーターで、班ごとにディスカッションをし、課題や今後の対応について皆様と活発な議論を行うとともに情報共有を行いました。各金融機関において、顧客ニーズに応える資産運用の高度化を実践するため、商品開発・販売・資産管理等の各段階で金融機関として担うべき役割と責任を果たしていくことが求められています。

セミナー概要

日時 2016年7月6日(水)9:30~11:00
場所 新日本有限責任監査法人
〒100-6080 東京都千代田区霞が関3-2-5 
参加者 アセットマネジメント会社等19社(24名)
参加費 無料
スケジュール 以下PDFファイルを参照ください

スピーカー

新日本有限責任監査法人 金融アドバイザリー部
シニアマネージャー
奥村 英昭(Hideaki Okumura)

略歴: 弊法人の前身に入所後、金融機関、ノンバンク、地方公共団体等、 幅広い分野の監査や公開業務を担当。2007年8月、関東財務局証券取引等監視官部門より法人復帰後は、主にアセットマネジメント会社、証券会社等に対し、ガバナンス・リスク管理・コンプライアンス、内部監査、レギュラトリーレポーティング、各国規制情報の提供等に係るアドバイザリーサービスを手掛けている。

新日本有限責任監査法人 金融部
マネージャー
濱田 出(Izuru Hamada)

略歴: 2002年新日本有限責任監査法人入所後、証券会社を中心に、運用会社、銀行、システム会社、不動産会社等の監査業務に従事。2012年7月、証券取引等監視委員会事務局証券検査課より法人金融部に復帰し、証券 会社、運用会社を含む金融商品取引業者、信託会社等に対するアドバイザリー業務に多数従事している。

関連ページ




情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?