業種別
ブロックチェーン

ウェルス&アセットマネジメント業界におけるブロックチェーン・イノベーション

2017.07.24

ウェルス&アセットマネジメント業界におけるブロックチェーン・イノベーション私たちが知るブロックチェーン・テクノロジーはビットコインの要素技術として2009年1月に登場し、多くの金融機関は重点分野として投資しています。また、この技術が既成概念を打破し、プロセスやシステムを強化する可能性を秘めているのかを見極めるために、またブロックチェーンを事業に組み入れるためにリソースを割いています。ベンチャー・キャピタルのファンドも増え、2014年には「スマート・コントラクト(契約の自動化)」を含む技術に発展しました。この新しいブロックチェーンはプログラム化が可能で、契約シナリオや規約をコード化できる条件論法を特徴としています。

ウェルスマネジメントにブロックチェーンを導入すると、効率的に顧客プロファイルを構築できます。顧客プロファイルデータをブロックチェーンに保存すると、プロファイルデータ、嗜好、資産状況、口座情報、ソーシャルメディアのプロファイル等、重要なデータの共有が可能になり、安全に保管されながら、必要に応じて閲覧・編集する権限が付与されます。本稿の2つの具体的事例では、ブロックチェーン・テクノロジーを活用するテーマに合わせて、課題、アプローチ方法と効果を示しています。

本稿では、ウェルス&アセットマネジメント会社がどのようにブロックチェーンの導入機会を捉えようとしているか、何を課題としているかを議論します。また、今後短期間における実用化とアプローチ方法をハイライトします。

ウェルス&アセットマネジメント業界におけるブロックチェーン・イノベーションに関する英文オリジナルレポート

関連ページ



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?