業種別

インフラストラクチャー・アドバイザリー

民間資本を活用した官民連携方式(PPP: Public-Private Partnership)による公共インフラ事業や公営企業の経営改革などの取り組みを幅広くサポートします。

これまで、EY Japanのインフラストラクチャー・アドバイザリーグループは、空港のコンセッション案件の第一陣である関空・伊丹空港および仙台空港のコンセッションのほか、高松空港、神戸空港、北海道内空港など、多くの公共側アドバイザーを務めてきました。そして、上下水道分野では大阪市水道事業および浜松市下水道事業などで第一陣のコンセッション支援、また、公営ガス事業の経営形態転換支援、公営企業の経営戦略策定支援や法適化に関する支援、料金改定に関する支援などの分野においても豊富な実績を有しています。

そのほか、経済発展に伴うインフラ需要が高まる新興国などにおける、インフラ事業の形成・参画の支援も行っています。日本と同様にPPPの活用が注目されている海外では、財務・税務・金融のプロを多数擁するアカウンティングファームが、アドバイザーとして重要な役割を果たします。EYはこの分野において世界トップクラスのネットワークと実績を有しています。

私たちは、EYが有する政策、投資、会計・税務、ファイナンスなど、さまざまな分野における卓越した専門知識と豊富な実績を最大限に活用して、PPPのステークホルダーである官(政府・自治体)、民(民間企業・金融機関)、そして公共サービスの利用者の三者いずれもがWin-Win-Winとなる真のPPPの実現を支援します。

インフラストラクチャー・アドバイザリーグループの体制

サービス

コラム


メディア掲載

セミナー等


お問い合わせ先
EY新日本有限責任監査法人
インフラストラクチャー・アドバイザリーグループ
Tel: 03 3503 1557