業種別
公益法人制度

法人設立後の手続

2012.05.14

はじめに

任意団体の法人格取得(2012.01.06)では、任意団体が一般社団・財団法人(以下、「一般法人」という) 、公益社団・財団法人(以下、「公益法人」という)へ移行するに当たり、法人格取得のために必要な手続についてご説明しました。
本稿では、一般法人、公益法人の設立後の各種手続について解説します。

1. 設立後の手続

設立後の主な手続としては、(1)税金に関する手続、(2)各種保険加入の手続が挙げられます。

(1)税金に関する手続

法人が支払う主な税金には、①法人税、②法人住民税、③消費税があります。

①法人税

法人税法上の普通法人に該当する一般法人は、設立の日以後2カ月以内に納税地を管轄する税務署長宛てに「法人設立届出書」を提出します。
収益事業を営む非営利型の一般法人及び公益法人は、設立の日以後2カ月以内に納税地を管轄する税務署長宛てに「収益事業開始届出書」を提出します。法人税は収益事業から生じた所得に対して課せられるものであるため、公益法人または非営利型の一般法人であって収益事業を営んでいない場合には、法人税の納税義務はありません。設立時に収益事業を営んでいない場合であっても、設立後に収益事業を営む場合には、収益事業を開始した日以後2カ月以内に「収益事業開始届出書」を提出する必要があります。また、青色申告を希望する事業者は「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。
法人税の納税義務がある法人は、原則として事業年度の末日の翌日から2カ月以内に納税地の所轄税務署長宛てに確定申告書を提出するとともに、法人税を納付しなければなりません。

なお、収益事業を行っていないことにより、法人税の確定申告書を提出しない一般法人及び公益法人(年間収入金額の合計が8,000万円以下の法人を除く)については、原則として事業年度終了の翌日から4カ月以内に、損益計算書または収支計算書を法人所轄の税務署長宛てに提出しなければなりません。

②法人住民税

法人税とは異なり、収益事業の有無、課税所得の有無に関係なく、法人が存続している場合には、法人住民税(均等割)の納税義務が発生します。法人住民税には、都道府県民税、市町村民税の2種類があり、それぞれ都道府県税事務所に「事業開始等申請書」、市町村役場に「法人設立申告書」などを提出する必要があります。 手続方法については、法人を管轄する都道府県税事務所、市町村役場によって異なります。また、自治体によっては法人が営む事業の種類によって、減免措置を実施している場合もあるので、手続の詳細については各自治体にご確認ください。

③消費税

消費税(地方消費税を含む)の納税義務がある法人は、原則として、「消費税課税事業者届出書」により届出をし、事業年度の末日の翌日から2カ月以内に納税地の所轄税務署長宛てに確定申告書を提出するとともに、消費税を納付しなければなりません。
ただし、納税義務については、原則として、前々事業年度における課税売上高が1,000万円を超える場合に発生するので、任意団体から法人格を取得した場合には、設立から2事業年度は消費税の納税義務はありません。課税売上高とは、消費税の課税対象となる資産の譲渡やサービスの提供などを指します。

(2)各種保険の加入手続

加入手続が必要な保険としては、労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険があります。
設立時から従業員等がいる法人の場合は、設立と同時に、この4つの保険に加入することが義務付けられています。手続は以下の機関で行います。

保険 手続を行う機関
労災保険 法人所轄の労働基準監督署
雇用保険 法人所轄のハローワーク
健康保険 法人所轄の年金事務所
厚生年金保険

設立時に従業員等がいない場合には、雇用関係が発生してから10日以内に、上記4つの保険に加入する必要があります。

また、各種保険の加入手続と合わせて、法人所轄の税務署に対しても「給与支払事務所等の開設届出書」を提出しなければなりません。設立時から従業員等がいる場合は設立後1カ月以内に、設立時に従業員等がいない場合は雇用関係が発生してから1カ月以内に提出する必要があります。

2. 設立後の手続に関連する情報

(1)税務署に提出する書類の作成に当たって

税務署に提出する書類である「法人設立届出書」「収益事業開始届出書」「給与支払事務所等の開設届出書」については、国税庁の「新たな公益法人関係税制の手引 別ウィンドウで開く」に記載例が掲載されているので、そちらをご覧になることをお勧めします。

(2)その他、手続全般に当たって

法人設立後の手続については、法人形態、法人の営む事業、法人が設立された場所により異なる可能性があるので、手続の詳細については、法人所轄の各種機関にご確認ください。





情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?