業種別

Media & Entertainment 17th Capital Confidence Barometer (CCB 17) (2018年5月:英語)

今日のメディア・エンターテイメント(M&E)セクターにおけるディールは、引き続きアクティブであり、多年にわたる積極的なM&Aトレンドは継続しています。 EYの第17回Media&Entertainment Capital Confidence Barometer(CCB17)は、高水準のディール意向であるものの、緩和していることを示しています。

当社の最新のバロメーターは、M&E回答者の調査結果のスナップショットを提供し、経済見通しに対する企業の信頼を評価し、企業がキャピタルアジェンダを管理する方法における役員のトレンドと活動を特定します。

Will Fisher、EYグローバルメディア&エンターテインメントTASリーダーは「これらの指標の強さは、M&E企業の役員による業界リーダーシップを発揮することを可能にする。今日の市場で買収を行うために必要とされる事業価値評価の高まりを支払うかわりに、既存のストラテジック・アセットを統合し、レバレッジ活用に集中する戦略を可能にしている。このようにして、M&E企業はデジタルによるカオス・混乱にディスラプトされず、逆にそれを活用することが期待される」といっています。

Can increased M&A
competition and better dealmaking coexist?
Can increased M&A competition and better dealmaking coexist?
Active portfolio management, strong deal narratives and advance integration analysis help deliver on M&A strategies