業種別

鉱業/金属

鉱業・金属業界は、見通しが堅調ながらも不安定なため、強靭かつ柔軟性のあるバランスシートをいかに維持するかを考慮しつつ、将来的な成長に注力する必要があります。また、生産性の向上や資本の確保、透明性の高まりへの対応、ソーシャルライセンスの維持、そしてサイバーセキュリティといった課題にも直面しています。

EY Japanの鉱業・金属セクターは、クライアントのさまざまなビジネスニーズに応えるべく人財と知識を結集、アシュアランス、税務、トランザクション、アドバイザリーの各サービスに関する深い知識と業界における豊富な実績を持つプロフェッショナルからなるグローバルネットワークと連携しています。市場動向とその影響を明らかにし、業界に関するさまざまな課題に対する新たな見解を提供することによって、クライアントの目標達成と競争優位性の確立を強力に支援します。

ナレッジ

鉱業・金属セクターの事業リスクTop10 2017-2018

鉱業・金属セクターが直面する重要なビジネスリスクをランキングした本レポートは、今年で10回目となります。今回は鉱業・金属市場の上昇基調を明確に反映した結果となりました。多くのコモディティでボラティリティは低下し、バランスシートも改善されました。
問題はいかに競合企業より先行するかであり、競争優位を確保しコストを可能な限り抑えることが鍵となります。リスク管理は、鉱業・金属セクターの企業が優位に立つ助けとなるはずです。

 【動画解説】 競争力のある投資家へのリターン
写真
リー・ダウンハム(EY、鉱業・金属セクター、グローバル・トランザクション・リーダー)が、鉱業・金属セクターにおける投資家へのリターンと考慮すべきポイントを解説します。