業種別

鉱業/金属

鉱業・金属業界は、見通しが堅調ながらも不安定なため、強靭かつ柔軟性のあるバランスシートをいかに維持するかを考慮しつつ、将来的な成長に注力する必要があります。また、生産性の向上や資本の確保、透明性の高まりへの対応、ソーシャルライセンスの維持、そしてサイバーセキュリティといった課題にも直面しています。

EY Japanの鉱業・金属セクターは、クライアントのさまざまなビジネスニーズに応えるべく人財と知識を結集、アシュアランス、税務、トランザクション、アドバイザリーの各サービスに関する深い知識と業界における豊富な実績を持つプロフェッショナルからなるグローバルネットワークと連携しています。市場動向とその影響を明らかにし、業界に関するさまざまな課題に対する新たな見解を提供することによって、クライアントの目標達成と競争優位性の確立を強力に支援します。

ナレッジ

鉱業・金属セクターの事業リスクTop10 2016-2017

鉱業・金属セクターの企業は、ボラティリティにさらされる中で、環境において長期間にわたり収益を確保すべく、キャッシュを重視する姿勢を強めています。2016-17におけるリスクトップ10をご覧ください

鉱業・金属セクターの事業リスクTop10 2015-2016

鉱業・金属セクターの企業はスーパーサイクルを機に、前例のない規模でグローバルな供給体制の再構築に取り組んでいます。現在の下降局面を生き残り、次の上昇局面で発展できるのは、進化し続ける事業リスクに最もうまく対応できる企業です。