業種別

鉱業/金属

鉱業/金属セクターは成長軌道に回帰しつつありますが、企業を取り巻く事業環境や競争環境は大きく様変わりしています。投資家へのリターンの改善を迫られている企業は、生産性を高めて利益率を改善し、より有効な資本配分を実現して長期的な成長を目指すという大胆な戦略を採用しなければならないでしょう。そのためにはデジタルイノベーションを重要なイネーブラーと認識し、これまでは不十分だったテクノロジーの導入を積極的に進めていかなければなりません。鉱業・金属セクターの企業がエネルギーの新時代に生き残り成功するには、デジタルを積極的に利用し、市場と採掘現場の双方で生産性を最適化することが不可欠です。

EYの鉱業/金属セクターは、バリューチェーン全体を網羅するアプローチにより、デジタルを活用した生産性の急速な向上、ポートフォリオのバランス改善、エネルギーの新時代に向けた明確なロードマップの策定を通じて、クライアントを支援します。

ナレッジ

鉱業・金属セクターの事業リスクTop10 2019-2020

鉱業・金属セクターは、いまだかつて経験したことがないディスラプション(創造的破壊)に直面しています。
社会からの期待、デジタルトランスフォーメーション、ポートフォリオと資本投資の意思決定などの新たな変動要因に対処していく中、鉱業・金属企業の主要なリスクは、操業許可とディスラプションです。

操業許可の維持、生産性向上、資源ナショナリズムの進展といった課題に対応するために、企業は何をすべきなのでしょうか。企業は資本や連携を活用して変革を実現し、ディスラプションを乗り越えなくてはなりません。

 動画解説:競争力のある投資家へのリターン
写真
リー・ダウンハム(EY、鉱業・金属セクター、グローバル・トランザクション・リーダー)が、鉱業・金属セクターにおける投資家へのリターンと考慮すべきポイントを解説します。