業種別
鉱業/金属

税務

鉱業・金属事業に関わる税制は地政学や資源ナショナリズムの影響を受けやすく各国特有のものであることが多く、特に海外投資に関わる買収・売却、組織再編等について海外の税制と日本の税制の双方を合わせて検討することが必要となります。加えて経済のデジタル化に伴うビジネスモデルの変化やそれに対応する世界的な税制改正の動きが税務の複雑性を高め、税務リスク管理は重要なビジネスリスクの一つとして経営者の注目に値するものとなっています。

EYは、120以上の国と地域に鉱業・金属事業の税務課題に精通した税務プロフェッショナルを擁し、グローバルネットワークを駆使して貴社の日本や海外における鉱業・金属事業の税務を支援します。また、鉱業・金属事業の税務においてもデジタル化は免れません。EYでは、将来に向けた貴社の税務機能のあるべき姿を見据えたトランスフォメーションアドバイザリーサービスの提供も行っています。

提供サービス
  • トランザクションタックスサービス: 海外企業・事業買収/売却に関わる税務デューディリジェンス、税務ストラクチャリングアドバイス、事前確認など
  • 国際税務コンサルティング業務: 海外組織再編、資産移転、資金調達、トレーディングハブ設立などに関わる税務アドバイス
  • 移転価格コンサルティング業務: BEPS対応、移転価格ポリシー、ロイヤルティー、サプライチェーンプランニング
  • 税務係争対応業務: 各国税務調査対応、MAP, APA、関税調査対応
  • 税務ガバナンス体制構築、税務プロセス効率化サービス
税務サービスの詳細は、以下ウェブサイトをご覧ください。