業種別

電気新聞に「どう変わる電気事業者の実務」を寄稿しました

どう変わる電気事業者の実務

2016年4月の小売全面自由化後、新たな電力取引市場の整備に関する議論が進んでおり、新たな電力取引市場の整備方向性として本年5月に中間とりまとめ(案)が電力・ガス基本政策小委員会制度検討作業部会より示されました。同月に非化石価値取引市場の初回オークションが開催され、本年度の下期には地域間連系線の利用に関する間接オークションルールの導入が予定されています。各電力取引市場は、2021年度までに取引が開始される予定であることに加え、電力先物市場の創設も予定されています。

これらの制度的措置に関して、事業者の実務に直接影響を与える点を把握し、早急な準備・対応を進めていくことが今後電力ビジネスを行う上で重要と考えられることから、これらの制度的措置が会計実務に与える具体的な影響について、電力システム改革に深い知見を有するEY新日本有限責任監査法人の公認会計士が電気新聞で解説を行いました。

どう変わる電気事業者の実務
どう変わる電気事業者の実務

本記事に関するお問い合わせについては、リンクのお問い合わせフォームよりお寄せください。