業種別

デジタルネイティブが形作る飲食業界の未来 | クイック・サービス・レストランの最新動向(Vol. 1)

2019.05.17

現在、1983年以降に生まれた人たちがアメリカの人口の半分以上を占めています。人口統計学者は一般的にこの世代をミレニアルとジェネレーションZの二つに分けていますが、総じて彼らをデジタルネイティブと呼ぶこともあります。彼らは技術革新に対してディスラプション(創造的破壊)という概念をもたず、単純にデジタルエコシステムの中で生活し、必要なものをよりスピーディーに便利な方法で、より良い体験と共に日々追い求めています。

デジタルネイティブ

一方、ディスラプションは、各ブランドがイノベーションと変化の速度に対応できているかどうかが問われます。クイック・サービス・レストラン(Quick Service Restaurant、以下QSR)ブランドは、デジタルネイティブの影響力と購買力の高まりによる未来を見据えて、サービス、デリバリーモデル、プライシング、ダイニングエクスペリエンス、サプライチェーン、レシピ、メニューおよびカスタマーインタラクションに関する捉え方を工夫する必要があります。

EYでは、クライアントがマーケットにおいてディスラプションを創出し、育て上げ、アイディアを活性化させることができるよう、Innovation Realizedというグローバルチームを結成しました。チーム一丸となって、QSRブランドと共に、将来に向けた新しいビジネスモデル、経験、製品、サービス、プロセスを通じて、持続的成長を実現させるためのソリューションを探求しています。

詳細は下記、オリジナルレポート(英語)をご覧ください。