業種別
テクノロジー

アドバイザリー

国内人口減少に伴い、既成のビジネスの変革、さらには新たなビジネス創造が急務となっています。 そのためには、日本固有の競争力を再定義・向上させる一方で、現在のターゲット市場や事業・ 業務モデルの見直し、早期ビジネス参入による新たな需要喚起、事業継続性の検討などと並行し、 改革・革新を確実に実施・移行していく必要があります。

EYは、さまざまなテクノロジー、そしてグローバルな情報収集力、業界を超えたナレッジ・リレーションなどを駆使し、テクノロジー企業の変革と更なる発展に寄与したいと考えています。

提供サービス
  • 既成の概念にとらわれない、デジタルを適用した新たなビジネスアイディアとモデルを創出し、これを円滑 かつ早期に実現するため、戦略・計画策定からビジネスプロトタイピング・実行までを促進・加速したい。
  • 現在のビジネスを構成する、商品・サービスの様相、販売網、販売手法、営業活動、価格戦略など、個別 の課題・問題点を複合的に見直し、トップラインと収益の改善を行いたい。
  • 従前の投資や国内外企業買収・提携の有効性、原価構造、企画設計・開発方式、資材調達方法や供給 企業、働きやすさと生産性の見直しを加速化させ、ヒト・モノ・カネの統制ある最適化を実現したい。
アドバイザリーサービスの詳細は、以下ウェブサイトをご覧ください。