業種別

テクノロジー

テクノロジー業界は、デジタル革命による破壊的な構造変化に直面しています。新興国企業との価格競争の中で既存製品のコモディティ化は加速する一方、情報通信技術の活用とユーザーエクスペリエンスに着目した新しい価値創造モデルが急速に現実化してきているのです。モノの所有からサービスの利用へと顧客の価値基準が変化する中で、ハードウエアの供給からソリューションの提供へと大きくビジネスモデルを変化させなければなりません。

私たちEY Japanは、会計監査を通じて公正な社会の実現に寄与するとともに、海外進出やM&Aといったアドバイザリー業務を通じて、企業成長をサポートさせて頂きます。

新着情報(最新5件)
ナレッジ ~業界に関する深い洞察

エネルギーの未来2020-2029(2019年12月)

エネルギーを取り巻くマクロ情報を分析し、石油やLNGなどの1次エネルギーや、電気などの2次エネルギーの市場動向を予想するとともに、国内の電力自由化の将来を展望することで、世界や日本のエネルギー産業に携わる各プレーヤーに進むべき道を提示します。

世界の通信事業者が直面するビジネスリスクトップ10(2019年版)

5G実装拡大に伴い、世界の通信業界は転換点を迎えています。これは大きな変局点であり、外部要因や業界の課題、組織としての優先事項が大きく変化することによって特徴づけられます。

ディスラプションを変革につなげる方法とは?(2019年3月)

メディア&エンターテインメント業界は、顧客の需要の変化、技術革新、激変する規制とポリシー、競争環境の戦略的な再構築といった課題に立ち向かっています。EYのメディア&エンターテインメント・セクター・グローバルチームは、業界が直面する機会と脅威を調査し、リーダーが優先的に取り組むべき課題とその対策を明らかにしました。

モビリティーの未来2019-2028(2019年3月)

ポストCASE時代のモビリティーはどのように進化するのか、未来のモビリティービジネスを考えるうえで、必携のレポートです。

ロボットの未来2019-2028(2018年12月)

次世代のロボットが社会と産業をどう変えるのか、新たな事業機会はどこにあるのか、その鍵を握る11の機能と21の新ビジネスを予測します。さらに2019年版では未来に登場するロボット新ビジネスの可能性に加え、現在ビジネスを変えつつある新たなロボット技術の概要と、内外の主なプレイヤーリストを加えました。「いま起こりつつある未来」を実感いただけます。

人工知能の未来2019-2023(2018年12月)

本書はAIが企業、社会に与える影響を独自の視点で20の領域、130の新ビジネスに分類し、来るべき時代への羅針盤となるものです。本レポートを用いることで、AIを組み込んだ経営計画の策定が可能になります。さらに関連レポートとして「人工知能 世界のテクノロジー企業2019」「デジタル戦略 企業事例総覧2019」をご用意。頼りになるパートナー企業の選定から、ライバル企業・先行企業のデジタル戦略の調査・分析まで、お役立ていただけます。

人工知能 世界のテクノロジー企業2019(2018年12月)

本レポートは、世界と日本で注目される80社のテクノロジー企業を選び、主要製品・サービスから資金調達、学界との関係、どういった企業で利用しているか、までを記述しています。単に80社を取り上げるのではなく、訪れるAI社会の羅針盤である「人工知能の未来 2019~2023」で策定した、20の新産業に沿って分類し、どういった市場を狙う企業と相性がいいのかもすぐ分かるようにしました。

Top of Mind - Digital supply chain: it's all about that data(2016年11月)

バズワードとして一般に知られるようになって久しいIoT。しかし、実際にIoTをビジネスに結びつけている日本企業はまだ少ないのが実情です。それはなぜでしょうか。そして、どうすれば「儲かるIoTビジネス」が実現できるのでしょうか。『IoTの未来2018-2027』は、IoTビジネスを創出するためのヒントとなる情報を満載したレポートです。現在の代表的なIoTビジネスの事例、グローバルにおけるIoTの政策、R&D動向を詳細に分析します。そして、製造、インフラ、医療、住宅、輸送の5領域で、未来に創出されるIoTビジネスを予測します。

Top of Mind - Digital supply chain: it's all about that data(2016年11月)

本書は、2017年5月~7月にかけて5回にわたって開催してご好評いただいたセミナー「次世代自動車ビジネス研究会シーズン1」の内容を漏れなく収録したものです。自動運転技術によって、自動車産業はどう変容し、どのような新しいビジネスモデルが生まれる可能性があるのか。それを考えるうえで必携の最新レポートです。

Top of Mind - Digital supply chain: it's all about that data(2016年11月)

本書は、2017年5月~7月にかけて5回にわたって開催してご好評いただいたセミナー「次世代自動車ビジネス研究会シーズン1」の内容を漏れなく収録したものです。自動運転技術によって、自動車産業はどう変容し、どのような新しいビジネスモデルが生まれる可能性があるのか。それを考えるうえで必携の最新レポートです。

Top of Mind - Digital supply chain: it's all about that data(2016年11月)

Exponential data growth is a fundamental problem that is continuing to overwhelm most businesses, and it is accelerating. New digital business models are increasingly more complex, we are talking about entire ecosystems of data and companies that are able to effectively manage that complexity will clearly maintain a competitive advantage.

Unmanaged, that complexity becomes a barrier to innovation and inhibits our ability to derive meaningful insights and, in fact, becomes a barrier to achieving the automation and efficiency we desire. To seize the full potential of digital, companies must develop data strategies, and better information and data management discipline, and start asking better questions.

The upside of disruption - Megatrends shaping 2016 and beyond(2016年11月)

From disruption to megatrends
As disruption becomes an everyday occurrence, we explore its primary causes and the megarends that are shaping our future.

Top of Mind - Blockchain reaction: Tech plans for critical mass

Blockchain technology has the potential to streamline and accelerate business processes, increase cybersecurity and reduce or eliminate the roles of trusted intermediaries (or centralized authorities) in industry after industry.

ベンダーとユーザーのためのソフトウェア会計実務Q&A

提供企業・利用企業両者の立場からソフトウェアにまつわる会計処理の実務上の課題とその対応についてQ&Aで分かりやすく解説。 IFRSや、クラウドサービス、アジャイル開発などのソフトウェアビジネスの変化にも対応。 提供企業の会計不正事例を通じて内部統制の留意事項についても取り扱っています。

数字で読み解く EY Value

数字で読み解く EY Value

これらの数字が示す皆さまに対するEYの価値とは?