刊行物
情報センサー

2014年2月号

2014年2月号

発行年月: 2014.01

情報センサーは新日本有限責任監査法人が毎月発行している社外報です。

  • 会計情報レポート

従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱いの解説
会計監理部 公認会計士 浅井哲史

平成25年12月に企業会計基準委員会より実務対応報告「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」が公表され、平成26年4月1日以後開始する事業年度の期首から原則適用されます。本稿では、実務対応報告にて示されている会計処理及び表示等について解説します。

  • EY Institute

資本主義の変革期-競争ルールの変化と新たな経営リスク-
EY総合研究所(株) ビジネス調査部 主席研究員 牛島慶一

エンロンの粉飾決算やリーマンショックなどの金融市場の信頼の失墜。気候変動、生態系保全、紛争鉱物、人権など、企業の行動に対する国際社会から監視の目など、これまでの株主至上主義の資本市場の在り方に警鐘が鳴らされている昨今、こうした課題に対し、いかに経営は対応していくべきでしょうか。新たな経営リスクと持続可能な経営の在り方について考察します。

  • IFRS実務講座

IFRS適用時の表示・開示上の留意点④ -期中財務報告
IFRSデスク 米国公認会計士 下村昌子

IFRSにおける期中財務報告について、期中財務諸表の構成、表示科目、及び説明的注記に関する留意点を解説します。

  • 業種別シリーズ

LNGプラント建設に係る海外展開のビジネスリスクと会計上の留意点
個別受注産業研究会 公認会計士 澤部直彦

東日本大震災以降、液化天然ガス(LNG)需要は高まり、従前の中東・豪州・アジアに、シェールガス革命により北米が需要先に加わり、プラント設備・輸送船等の需要が増加しています。海外工事のリスクと留意点について考察します。

  • 押さえておきたい会計・税務・法律

消費税の税率引上げに係る実務対応-ポイントと留意点-
公認会計士 太田達也

平成26年4月1日を施行日として、消費税の税率が5%から8%に引き上げられます。施行日まで残り2カ月となっていますが、税率引上げに向けた各種の準備は順調でしょうか。 本稿では、消費税率引上げについて特に論点となりやすい施行日前後の取引に係る税率引上げ対応や、施行日後の取引においても旧税率が適用される経過措置の取り扱いを中心に解説します。

  • JBS

グローバル化を加速する企業ブランド-アジアにおける日本企業の人気-
EY税理士法人 ヒューマンキャピタル部門 パートナー 堀江 徹

日本企業はグローバル化に手こずってグローバル競争では独り負けしているといわれていますが、グローバル化を成功させるためには、本社・事業部・海外統括部の海外移転や地域本社の強化などによって、現地優秀人材を登用し、日本人のマインドセットを変換することが重要です。海外においても企業ブランドを高めるための投資が重要です。

  • JBS

乗用車販売でも世界一となった中国自動車市場
広州駐在員 長内幸浩

2009年自動車生産および販売で世界一となった中国自動車市場は13年の乗用車の販売でも世界一となる見込みです。
中国自動車市場の発展、その根拠、グローバルプレーヤーと民族系プレーヤー、今後の課題と日系企業について考察します。

  • EY Advisory

間接材コスト削減活動の継続性
EYアドバイザリー(株) 岡田暁史

間接材購買コスト削減は、恒常的なテーマにもかかわらず、多くの企業はその取り組みを短期間で終わらせてしまっています。継続的で効果的なコスト削減を実現するには、的確なコスト構造の把握と適切な削減アプローチの選択が必要です。

  • Trend watcher

中小企業金融円滑化法の出口戦略に向けた足元動向
EY トランザクション・アドバイザリー・サービス(株)
リストラクチャリング・チーム 北條卓也

平成25年3月末に期限を迎えた円滑化法の出口戦略に向け、足元の動向を、行政側と金融機関側の両局面から概観します。

  • FAAS

次世代EDINETの概要と提出者の留意点
アカウンティングソリューション部 公認会計士 成田正憲

次世代EDINET導入によりXBRLデータの重要性はいっそう高まっており、提出会社はXBRLデータの正確性を確保する取り組みが求められます。そこで次世代EDIENTの概要と提出者の留意点について解説します。

  • 企業会計ナビダイジェスト

デリバティブとヘッジ会計
企業会計ナビチーム 公認会計士 伊藤 毅

当法人のウェブサイトでは、会計に関するさまざまなナレッジを「企業会計ナビ」として発信しています。このうち、アクセス数の多いトピックスを取り上げ、順次ご紹介していきます。今回は「わかりやすい解説シリーズ『金融商品』第5回:デリバティブとヘッジ会計」の一部「2. ヘッジ会計の会計処理(1)ヘッジ会計の意義」のうち、繰延ヘッジの解説をご紹介します。