刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2018年

To the Point: FASBは「協力の取決め」の指針を明確化しました (11月18日号)

FASBはASC 808「協力の取決め」及びASC 606「顧客との契約から生じる収益」を修正し、協力の取決め(※)の参加者同士が行う特定の取引については、相手先が顧客である場合はASC 606に基づいて会計処理すべきであることを明確にしました。また、指針は相手先が取引の顧客ではない場合、企業が当該取引から受け取った対価を収益として表示することを禁止しています。