刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2018年

Technical Line: ASC第606号に基づく報告に関する期末の会計処理及び開示の留意事項 (12月20日号)

新たな収益基準を採用した企業は、期末報告書の作成に当たり、重要な判断を要した領域や、従前のGAAPから実務の変更があった領域に関して、会計処理及び開示を慎重に評価する必要があります。企業は、新たな基準について蓄積されてきた経験や、同業他社の開示に基づき、開示をさらに改善及び精緻化する必要があります。本Technical Lineでは、収益基準に関して、企業が年次(又は期中)財務諸表及び財務報告を作成する際に考慮が求められる可能性のある、主要な留意事項や検討事項を説明しています。