刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2019年

FASBが新しい信用損失基準に関して、特定項目を対象とした移行上の救済措置を公表しました(5月16日号)

米国財務会計基準審議会(FASB)は、新しい信用損失基準の適用開始時に、企業が償却原価で測定されている金融資産(満期保有目的の証券を除く)について、公正価値オプションを使用して測定するという一度限りの取消不能な選択を行うことを認める最終ガイダンスを公表しました。この選択は金融商品ごとに適用されます。すでに新しい信用損失基準を適用している企業については、本救済措置は2019年12月15日より後に開始する事業年度及びその期中報告期間から発効し、早期適用も認められています。その他のすべての企業については、本ガイダンスは新しい信用損失基準の適用日に発効します。

EY's AccountingLink websiteより他の記事についてもご参照いただけます(英語)。