刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2019年

Technical Line : 新リース基準に基づく報告における期末の会計上及び開示上の注意点(11月21日号)

新リース基準を採用した企業は、期末の報告を作成する際、重要な判断、見積り及び実務の変更を必要とする領域における会計及び開示を慎重にレビューしなければなりません。

こうした領域には、契約がリースであるか又はリースを含んでいるかどうかの判断、新規又は条件変更後のリースで使用する割引率の決定、及びリースの条件変更や再評価事象の識別が含まれます。

特に、当年度中に新たなITシステムを導入した、又はITシステムを変更した企業は、こうした領域におけるプロセス及び統制の変更に留意する必要があります。

Technical Lineでは、こうしたトピックや当基準に関するその他の課題について主な注意点を挙げています。

EY's AccountingLink websiteより他の記事についてもご参照いただけます(英語)。