刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2019年

To the Point : FASBは信用損失基準の限定的な改定事項を公表しました(12月5日号)

FASBは、特定の予想される回収額を信用毀損購入(PCD)資産に係る引当金に含めるよう企業に要求する新しい信用損失基準を改定しました。本改定には、企業が、特定の要求される開示から未収利息金額を除外すること、及び担保維持に関する実務上の便法の適用要求を明確化することを認める、不良債権のリストラクチャリング(TDR)に関連する移行上の救済措置も記載されています。信用損失基準未適用の企業については、当該基準と本改定の発効日は信用損失基準の発効日と同日になります。信用損失基準早期適用企業の場合、本改定は2019年12月15日より後に開始する事業年度及びその期中報告期間に発効します。

EY's AccountingLink websiteより他の記事についてもご参照いただけます(英語)。