刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2020年

To the Point: SEC主任会計官がCOVID-19に関連する質の高い財務報告の必要性を強調しました(4月9日号)

SECの主任会計官は、COVID-19パンデミックに関連する質の高い財務報告の必要性を強調する声明を発表しました。CARES法の定めに従い、不良債権のリストラクチャリングに係る会計処理の一時的免除の適用を選択する適用対象企業、又は新たな信用損失基準の適用延期を選択する適用対象企業に対し、SECスタッフが、当該救済期間中、これらの行為はUS GAAPに準拠しているとの結論に異議を唱えることはありません。更に、私たちはSECスタッフとの協議に基づき、CARES法における救済は、同法に記載された企業以外には適用されないこと、及び信用損失基準の適用延期を選択する適用対象企業は、同基準を適用する際に、当該企業の会計年度の開始日(例えば、会計年度が暦年の企業の場合2020年1月1日)まで遡及適用するために年度累計の業績を修正再表示する必要があると理解しています。

EY's AccountingLink websiteより他の記事についてもご参照いただけます(英語)。