刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2020年

To the Point: FASBは発行体による負債性金融商品および資本性金融商品の会計処理を簡素化しました(8月6日号)

本書では、今般FASBが公表した最終指針の中でも特に、ASC470-20の3つのモデルのうち組込転換特性の個別会計処理を要求する2つのモデルを削除した点に焦点を置いて概説しています。ただし、依然として別々の会計処理が必要なケースもあります。上記に加え、企業の自社株式に係る契約について、今回の最終指針ではASC815-40-25の株式の分類に関する条件のうち一部が削除されています。さらに、本指針は企業に対し、あらゆる転換可能金融商品の希薄化後1株当たり利益の計算にあたり転換仮定方式を使用すること、また、負債に分類される株式に基づく報酬の一部を除き、現金又は株式によって決済される可能性がある金融商品の株式決済の影響を含めることを要求しています。

EY's AccountingLink websiteより他の記事もご参照ください(英語)。