刊行物
SEC and US GAAP Weekly Update 2021年

Technical Line更新版: 負債と持分の区別およびEPSに関する新たな指針の詳細分析(1月14日号)

ASC 470-20から有益な転換特性および現金転換特性の会計モデルを削除し、企業の自社株式に係る契約について、ASC 815-40-25の株式の分類に関する条件の一部を削除した新たな指針に関するTechnical Line更新版を発行しました。今回の更新版には、複数の解釈指針と具体例を追加しています。本指針は、希薄化後1株当たり利益の計算において、転換可能金融商品の1株当たり利益を算出する際は常に転換仮定方式を使用することや、一般的に、現金または株式によって決済される可能性がある金融商品の株式決済の影響を含めることも要求しています。本書では、この新指針が会計処理や財務報告に及ぼす重要な影響について解説しています。

EY's AccountingLink websiteより他の記事もご参照ください(英語)。