出版物

人工知能の未来2018-2022

人工知能の未来2018-2022
  • 出版社
    日経BP社
  • 価格(税抜き)
    450,000円
  • 発行年月
    2017.12.20

概要

人工知能(AI:artificial intelligence)は「ディープラーニング」のブレークスルーにより、2010年代に入って急速に発展しました。この技術の影響を受けるのは、自動車、輸送機械、電子、電気、機械、IT、メディア、医療、美容、健康、素材、化学、衣料、インテリア、農業、食品、インフラ、建築、エネルギー、流通、サービス、金融、保険…。つまり、無関係でいられる既存産業はないのです。

リサーチ結果に基づくと2022年までに、AIにより20の新産業が生まれ、およそ130の新ビジネスが誕生します。次世代製造業やインテリジェントファイナンス、自動物流、知能化家電…。AIがもたらす未来をつかんでいなければ、企業は長期計画も中期計画も立てることができません。AIによってどのような新マーケットが生まれるのか、既存産業はどんな影響を受けるのか。それらを予測した本レポートをぜひご活用ください。

目次

1.人工知能の俯瞰
2.2022年におけるマーケットへの影響 新規産業の創出
3.既存産業への影響
4.2022年新規産業創出に向けて求められる機能・技術
5.人工知能に関連する周辺技術

執筆等

園田 展人(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社)

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。