出版物

海外子会社の内部統制評価実務

海外子会社の内部統制評価実務
  • 出版社
    同文舘出版
  • 価格(税抜き)
    3,800円
  • 発行年月
    2018.07

概要

本書は、海外子会社の内部統制を評価する実務において、特に重要と考えられる「販売」と「購買」を中心として、「現金預金」、「棚卸資産」、「有形固定資産」、及び「販売費及び一般管理費」に関し、リスクの概要を説明し、そのリスクに対応する内部統制及び内部統制質問書(チェックリスト)を解説するとともに、海外子会社の財務諸表分析の手法も紹介しています。
これらの内部統制評価実務を英和対訳で具体的に解説していますので、非常に有用な実務書となっています。

目次

第1章 内部統制の概要
第2章 海外子会社の内部統制評価手順
第3章 全社的な内部統制評価
第4章 業務プロセスに係る内部統制評価
第5章 海外子会社の財務諸表分析

執筆等

  • 執筆
    柳年哉、天野佳江、神澤友里、大橋祐一
  • 監修
    平井啓仁、Paul A Thurston、Andy Pan
  • 編集協力者
    長谷川あゆみ、西木戸京子

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。