出版物

「収益認識会計基準と税務」完全解説

「収益認識会計基準と税務」完全解説
  • 出版社
    税務研究会出版局
  • 価格(税抜き)
    2,400円
  • 発行年月
    2018.10

概要

平成33年4月1日以後開始する連結会計年度および事業年度の期首から「収益認識に関する会計基準」が適用されます。
本書では、「収益認識に関する会計基準」、平成30年度税制改正による措置およびその後平成30年5月30日付で公表された法人税基本通達の内容等を踏まえて、今後の実務対応について、詳しく解説しています。

目次

第1章 企業会計原則の考え方
第2章 収益認識会計基準の基本的内容
第3章 適用上の5つのステップ
第4章 個別論点
第5章 工事契約
第6章 役務の提供
第7章 ライセンス契約
第8章 顧客からの返金が不要な支払
第9章 法人税法上の取扱い
第10章 消費税の処理に係る実務上の対応(会計、法人税との乖離の問題)
第11章 業種別の論点
第12章 開示 第13章 適用時期

執筆等

  • 執筆
    太田達也

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。