ライブラリー

EY Megatrends 2018「来たる未来」の先に何があるのか?

EY Megatrends 2018 (再生時間:2分9秒)

企業は、ディスラプションから価値を創造するために備えておかなければなりません。何がディスラプションをもたらしているか、ディスラプションはどこに向かうのか、ディスラプションとは何かについて知る必要があります。メガトレンドレポートとフレームワークによって、ディスラプションがもたらす脅威をチャンスへと変えるための正しい意思決定基準を手に入れられるでしょう。

社会の変化に適応する規制 (再生時間:2分34秒)

規制もまた、ディスラプションによる課題に直面しています。従来の規制は、新たなテクノロジーやビジネスモデルに対応していないからです。「状況に適応した規制を導入する」という従来のアプローチから「規制に適応力を持たせる」アプローチへの移行が必要となります。社会の変化に適応する規則。それはより少ない費用でより高い効果を発揮する可能性を秘めています。

行動学的デザイン (再生時間:2分20秒)

新たなテクノロジーにより、機械が人間の領域に入ってくるとどうなるでしょうか。私たちの情緒的な部分に影響を及ぼすかもしれません。企業も影響を受けることになるでしょう。しかし、どうデザインするかによって、その利点を享受することができるのです。デザインが人間の行動に影響を与えつつある今、行動学的デザインがより一層重要な役割を果たしています。

未来の働き方 (再生時間:2分17秒)

AIなどの新しいテクノロジーにより、働き方に変革が起きています。人間と機械がパートナー関係となり、機械化によりまったく新しい働き方も生まれるとみられます。仕事は業務単位で分割され、人間・機械がそれぞれ別の業務を引き受けるようになるでしょう。企業も労働者も多様化する新たな働き方に備える必要があります。
「未来の働き方」とは......。


免責事項
  • 通信回線やコンピューターなどの障害によるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、データへの不正アクセスなどにより生じた損害、その他当サービスに関してお客様に生じた損害について、EY Japanは一切責任を負わないものとします。
  • 当サービスでの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、これらの情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、EY Japanは一切責任を負いません。また、あくまでも一般的な情報を提供しているだけであり、専門家としての判断や助言を伴うものではありません。従って、業務や個人の判断等を行う場合には必ず専門家にご相談するなど自己の責任でご判断ください。
  • 当サービスでは、告知することなく掲載した情報、文言、その他について修正、加筆、削除などを行うことがあります。
  • 当サービスは、EY Japanの都合により告知なく中止または廃止されることがあります。また、それらにより発生する一切の責任を負いません。
  • 当サービスのご利用に際しては、上記注意事項のほかに、当サイトの利用規約が適用されます。