ニュースルーム

日本における婚姻の平等の早期実現に賛同 
EY Japan supports ACCJ's call on the Japanese government to extend the right to marry to LGBT couples

2018.09.21
EY Japan
*English follows

photo9月19日、アメリカ、イギリス、カナダ、アイルランド、オーストラリア、およびニュージーランドの在日商工会議所が合同で婚姻の平等を早期に実現するよう日本政府に求めました。EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社のパートナーであり在日米国商工会議所理事会メンバーで財務理事を務めるナンシー・ナガオと、EY新日本有限責任監査法人FAAS事業部CCaSSグループのシニアマネージャーであり在日英国商工会議所理事会メンバーのヘザー・マクリッシュが、それぞれ米国および英国の在日商工会議所を代表し記者会見の席で本提言に賛同の意を表しました。

EY Japanは、社員が安心して生き生きと働き多様性を受容する職場の実現を可能にする本提言に賛同するとともに、より良いチーミング、より高いパフォーマンス、そして幸せな職場づくりをリードします。

On 19 September, the American, British, Canadian, Irish, and Australian and New Zealand chambers of commerce in Japan called on the Japanese government to provide marriage equality for same-sex partners. At the press conference, Nancy Ngou, a partner of EY Advisory & Consulting Co., Ltd., represented the American Chamber of Commerce in Japan, as their Treasurer and Board Member; and, Heather McLeish, a senior manager of FAAS Division CCaSS group in Ernst & Young ShinNihon LLC, represented the British Chamber of Commerce, as their Board Member.

EY Japan supports the ACCJ Viewpoint, as the ability to provide a diverse and inclusive workplace where people feel comfortable bringing their full energy to work, leads to greater teaming and performance, and a happy workplace.

《 本件に関するお問い合わせ 》
EY Japan BMC (Brand, Marketing and Communications)
Tel 03 3503 1037