ニュースルーム
アントレプレナー表彰制度"EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2018 ジャパン"

EOY 2018 Japan: 日本代表候補14名のアントレプレナーを決定

2018.11.05
EY Japan

EY Japanが主催するアントレプレナー表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2018 ジャパン」(以下、EOY 2018 Japan)は、2018年度の日本代表候補のアントレプレナー14名を決定しました。

EOY Japanは、日本のアントレプレナーを国際的なステージに輩出する唯一のアントレプレナー表彰制度として2001年より実施しており、本年で18年目を迎えます。

本年度は5月から8月にかけて募集を実施し、アントレプレナー精神などの6つの選考基準に基づく選考の結果、マスター・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー部門3名、エクセプショナル・グロース部門11名のアントレプレナーが日本代表候補として最終選考に臨み、12月4日に日本代表を決定します。なお、この表彰式は12月3日、4日に開催するEOY Growth ForumのEOY 2018 Japanのプログラムの中で開催します。

EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2018 ジャパン 候補者

(50音順/敬称略)

Master Entrepreneur Of The Year部門

海外で企業活動を展開し、グローバルな影響力を有し、ビジネスモデルの競争優位性・技術力・マーケティング力が国内外で注目されおり、東証一部上場もしくはそれに準ずる企業のアントレプレナー(創業者または経営者)。

粟田 貴也 株式会社トリドールホールディングス 代表取締役社長
齊藤 寛 株式会社シャトレーゼホールディングス 代表取締役会長
矢野 博丈 株式会社大創産業 創業者

Exceptional Growth部門

事業を成功に導き、注目度が高まっている、あるいは注目されている存在。海外で一定の影響力を有し、革新的な技術やビジネスモデルによって事業を展開している。あるいは今後さらなる成長が期待されるアントレプレナー。

岡村 恒一 株式会社オカムラ食品工業 代表取締役
木村 隆夫 木村情報技術株式会社 代表取締役
重道 泰造 株式会社アイグラン 代表取締役
白石 徳生 株式会社ベネフィット・ワン 代表取締役社長
土橋 秀位 株式会社クロスフォー 代表取締役社長
名越 達彦 株式会社パネイル 代表取締役社長
樋口 龍 株式会社GA technologies 代表取締役社長
藤田 哲也 株式会社カンディハウス 代表取締役社長
松浦 信男 万協製薬株式会社 代表取締役社長
山本 富造 山本化学工業株式会社 代表取締役社長/CEO
吉松 徹郎 株式会社アイスタイル 代表取締役社長 兼 CEO

候補者 プロフィール


《 EOY Japan に関するお問合わせ 》
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー運営事務局
Tel 03 3503 1004
eoy.eyjapan.jp

《 報道関係のお問合わせ 》
EY Japan BMC (Brand, Marketing and Communications)
Tel 03 3503 1037