ニュースルーム

EY、2019年度「EY Entrepreneurial Winning Women™ アジア太平洋プログラム」の参加者を発表します

2019.04.08
EY Japan
  • 今回選出された女性アントレプレナーが経営する会社は、2018年の売上が総額18億米ドル超、地域全体で12,000人以上を雇用
  • 本年度のプログラム参加者が展開するビジネスは、消費財、テクノロジー、eコマース、デザイン、ファッション、投資、エンジニアリング、メディア、コンサルティングなど、多岐にわたる
  • 本年度のプログラムには、オーストラリア、グレーターチャイナ、インドネシア、韓国、スリランカ、ベトナム、日本の女性アントレプレナーが参加

EYは、2019年度の「EY Entrepreneurial Winning Women™ アジア太平洋会議」の参加者に選出された21名の女性アントレプレナーを発表します。本プログラムでは、女性アントレプレナーにとって成長する上で必要不可欠な伸ばすべき分野を支援するために実施され、戦略的支援やトレーニングを受けることができます。

本年度は、7カ国から、消費財、テクノロジー、eコマース、デザイン、ファッション、投資、エンジニアリング、メディア、コンサルティング等、幅広い業界で目覚ましい成長を遂げている21名のアントレプレナーが参加します。参加者が経営する会社は、2018年の売上が18億米ドルを超え、12,000人以上を雇用しています。

EYグローバル、グロース・マーケッツ・リーダー Ryan Burkeは、次のように述べています。

「女性主導のビジネスや女性アントレプレナーへのサポートは依然として大きな課題ではありますが、適切なツール、リソース、ネットワークがあれば、彼女たちは経済成長、雇用創出、イノベーションの要となり得ます。だからこそ、女性アントレプレナーの迅速、柔軟かつ意欲的な事業拡大を支援するEY Entrepreneurial Winning Womenプログラムが非常に重要なのです。女性主導のビジネスや女性アントレプレナーの成長を支えることに注力する組織は世界でも一握りしかなく、EYがその一員であることを誇りに思います」

「EY Entrepreneurial Winning Women™アジア太平洋会議」は、今年初めて2019年4月8日、9日にベトナム(ホーチミン市)で開催します。選出された女性アントレプレナーは、本会議で文化的・商業的スキルを強化する活動や、国による商習慣の差異を学ぶ活動に参加します。今後一年を通して、テレビ会議や国内でのビジネスセッション、ワークショップにも参加する予定です。

女性アントレプレナーのためにカスタマイズされたプログラムは、以下の項目に焦点を置いています。

  • 成長、人材、運営、リーダーシップなどの分野で実用的な助言の提供
  • 戦略的提携、パートナーシップ、新しい販売経路の特定と構築
  • 受賞歴のあるアントレプレナーやビジネスリーダーのネットワークへのアクセス
  • 出資の可能性がある投資家の紹介
  • アントレプレナー自身や経営する会社のマーケティング

本プログラムの成功には、選出された女性アントレプレナーに、2年目以降、Winning Womenの過去の参加者のネットワークに参加をします。アジア太平洋プログラムの本ネットワークは5年目を迎え、参加者は100名を超えています。

本プログラムは、全世界に広がるEY Entrepreneurial Winning Womenコミュニティのひとつです。2008年に米国で始動した本プログラムには、現在までに65カ国から、さまざまな業界で会社を経営している女性アントレプレナーが500名以上参加しています。

EYアジア・パシフィック、アカウントリーダー Alice Chanは、次のように述べています。

「EY Entrepreneurial Winning Womenの年次会議は、女性アントレプレナーの世界的な事業拡大をサポートするというEYのコミットメントに従い、毎年開催国を変えて実施されます。私たちは、本年度のベトナムでの開催を楽しみにしています。女性アントレプレナー同士が共有する連帯感や支え合いの精神は、毎年のイベントで生み出され、年間を通して育まれていきます。こうした交流は、貴重な現場でのビジネス経験だけでなく、生涯の友人や相談相手を得ることにもつながるのです」

2019年度プログラム参加者について

次の基準に従ってプログラム参加者を選出: 創業から5年以上の会社を経営する将来有望な女性アントレプレナーであること、株式の51%以上を女性アントレプレナーが保有していること、ビジネスの規模を拡大し、世界中に発展させ、マーケットリーダーとなるための態勢が整っていること。

2019年度「EY Entrepreneurial Winning Women アジア太平洋会議」の参加者を以下にご紹介します。

  • Corinne Bot | Polyglot Group (オーストラリア):
    シドニーに本社を置く世界的な大手コンサルティング会社です。人事コンサルティング、人事アウトソーシング、人材獲得、給与計算アウトソーシング、翻訳・通訳、企業設立などのサービスを、あらゆる規模・業種の企業に提供しています。
  • Renece Brewster | Visual Domain (オーストラリア):
    全チャネルにまたがるクリエイティブな動画コンテンツ制作を通じて、人々の心をとらえる斬新で有意義な方法を提供するビデオ制作会社です。
  • Xuan Cheng | Sansheng Group (グレーターチャイナ):
    生活水準の向上、教育、医療や科学の進歩といった中国人家庭のニーズ対応に深く根差した大規模な産業投資グループです。
  • May Cheung | EasyPnP (グレーターチャイナ):
    印刷や贈答品関連のカスタマイズサービスや、その他のカスタマイズ製品を法人顧客に提供するインターネット調達プラットフォームです。
  • Caroline Gondokusumo | Dutakom Wibawa Putra Group (インドネシア):
    僻地でのインターネット接続、高品質なインターネットの提供によるコミュニティ強化、情報テクノロジーを通じた教育システムの改善に取り組むワイヤレスインターネットサービスプロバイダーです。
  • Helen Han | CLIO Cosmetics (韓国):
    韓国市場で初となるプロフェッショナル用メイクアップ製品の開発、生産、マーケティングを手掛ける革新的な化粧品会社です。「color cosmetics」、「baked eye shadow」、「eyebrow tattoo」など、さまざまな革新的商品を生み出しています。
  • 河野理愛 | コグニティ株式会社 (日本):
    東京に本社を置く人工知能(AI)ソフトウェア企業です。コンテキスト分類に力を入れており、記事や会話の論理構造を分析する技術の開発を独自に進めています。
  • 川島史子 | 株式会社クラウドクリニック (日本):
    医療機関に対し、クラウドテクノロジーを活用した医療事務のアウトソーシングサービスを提供しています。
  • 菊地恵理子 | タイガーモブ株式会社 (日本):
    価値ある繋がりと機会を提供し、人材のインバウンド・アウトバウンドを通じて人材、企業、国のグローバル化を促進しています。
  • Victoria Kluth | Araza (オーストラリア):
    クラウドベースのアプリケーションやデジタルソリューション等の非常に複雑なソリューション導入を専門とし、テクノロジーシステムの統合を行っています。
  • 黒須貴子 | 株式会社よつばメンテナンス (日本):
    消防設備の法定点検および安全サービスの認定事業者であり、消防設備の調査、テスト、保守を実施しています。
  • Jayomi Lokuliyana | zMessenger (スリランカ):
    デジタル主導のオムニチャネル顧客体験の構築・提供を専門とする総合デジタル広告テクノロジー企業です。
  • Mei Qing | Meiqing Media Group (グレーターチャイナ):
    外国人の中国伝統文化理解や、中国人の海外文化理解を支援するメディアグループです。
  • Jinye Qu | Future Sifang Group (グレーターチャイナ):
    不動産、車両、アート作品のオークションで2,000件を超える落札実績を持つオークションハウスです。次世代メディア、海外不動産開発投資、融資、エコ農業などの分野にも事業を拡大しています。
  • Sharon Rechtman | Total Beauty Network (オーストラリア):
    健康的で環境に配慮した美容ブランドを開発し、30カ国以上で展開している化粧品メーカーです。
  • 阪根嘉苗 | アジアンブリッジ株式会社 (日本):
    日本に拠点を置くeコマース企業で、インターネットを通じて日本製品をアジア各地に届けています。
  • Shelena Serrano | Vekta Automation (オーストラリア):
    自動化設備の製造とテクニカルサポートを通じて、木製トラスや木造産業における安全性と効率性の向上に貢献しています
  • Linda Speldewinde | AOD Colombo (スリランカ):
    グローバル基準のデザイン実務、業界ノウハウ、海外経験、スリランカの伝統を組み合わせた独特の教育モデルを有するスリランカのデザイナー育成学校です。
  • Julie Stevanja | Stylerunner (オーストラリア):
    アクティブで健康的なライフスタイルを志向する、世界中のファッションに敏感な人々に最新のスタイルを提案・提供する女性用スポーツウェア・アスリージャーウェア(ファッション性の高いアスリートウェア)の専門オンラインショップです。
  • Dr. Le Tran | NutiFood (ベトナム):
    乳幼児や子ども向けの高品質で栄養価の高い商品を製造し、ベトナム、カンボジア、フィリピン、中国、米国で販売する大手食品会社です。
  • Cindy Vo | ASL Corp (ベトナム):
    海空貨物輸送および物流事業を展開する企業です。90カ国のクライアントに追跡、保守、貨物輸送等のサービスを提供しています。

EY Entrepreneurial Winning Women アジア太平洋プログラムの詳細は、以下のページをご覧ください。

EY Entrepreneurial Winning Womenグローバルプログラムの詳細は、以下のページをご覧ください。

※本プレスリリースは、2019年3月4日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈EY Japanについて〉
EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。EY新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社などから構成されています。なお、各メンバーファームは法的に独立した法人です。詳しくは、www.eyjapan.jp をご覧ください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)