ニュースルーム

EY、トムソン・ロイター社と提携 
トムソン・ロイター社のONESOURCEプロセス自動化とEYのタックス テクノロジー アンド トランスフォーメーションサービスとの連携を強化

2019.06.07
EY Japan
EY税理士法人

EYとトムソン・ロイター社は、トムソン・ロイター社の国際税務ソリューションであるONESOURCEとEYのタックス テクノロジー アンド トランスフォーメーション(Tax Technology &Transformation:TTT)サービスの戦略的提携を発表します。本提携を通じて、複雑化が進み変化の激しい規制環境の中で、多国籍企業が複数の国・地域の税務要件を遵守するという課題に取り組むために、シームレスな税務コンプライアンス業務を支援する新しいソリューションを提供します。

トムソン・ロイター社の ONESOURCEは、企業向けの国際税務および会計テクノロジーの業界をリードするポートフォリオを有しており、税務、会計および財務の各機能にわたるデータおよびプロセス自動化の効率化を可能にします。

EYは、ONESOURCEに関して熟知しており、税務プロセス簡素化、運用コスト削減、および透明性の高いグローバルな税務コンプライアンス維持のために、クライアントがデジタルおよびビジネスの改革に着手する際の、テクノロジー導入を支援します。

EYのグローバル タックス バイスチェアのケイト・バートン(Kate Barton)は次のように述べています。

「クラウドやその他の安全性の高いプラットフォームの形態でのプラットフォームベースのテクノロジーの急速な普及により、税務部門はこれまでと全く違った方法で課題を解決し、ビジネスソリューションを提供し、また税務当局との対応を始めています。EYはトムソン・ロイター社とともに、最も複雑な税務上の課題を解決するための最先端のテクノロジー主導型ソリューションをクライアントに提供します」

トムソン・ロイター社の顧客市場担当最高執行責任者、 ブライアン ペカレリ(Brian Peccarelli)氏は、次のように述べています。

「企業は、業務の運営方法や構造を変えることで、テクノロジー、社会ルール、専門家業務に関するディスラプションに対応しています。
企業は今、透明で統合された敏捷なテクノロジーをアドバイザーが提供することを望んでおり、これは一つですべてを網羅するのではなく、企業のニーズに応じたテーラーメイドとする必要があります。EYとの提携により、私たちはクライアントの税務、会計、法務部門に最高のテクノロジーとアドバイザリーサービスを提供することができます」

本提携により、EYはトムソン・ロイター社との長年の関係をさらに拡大し、絶え間なく変化する税務テクノロジーの分野で、EYがさらに深度あるクライアントサービスを提供する機会を実現します。また、コンプライアンス、テクノロジー、IT、国際通商・貿易、および法務の分野においても連携を深め、税務機能の内外でEYクライアントに対する支援をトムソン・ロイター社とともに提供します。

EY アメリカズ タックス セクター (EY Americas Tax Sector)のリーダーであるジョン・クジー(John Kuzy)は、次のように述べています。

「EYとトムソン・ロイター社は、デジタル時代および国際通商・貿易における税制改革、グローバルコンプライアンスおよびレポーティング、労働力の変革といった複雑なトピックの管理において豊富な実績があります。より良い社会を築くという共通の目的を原動力として、両組織はクライアントの事業戦略を前進させ、地域や業界を超えたデジタル時代における税務業務を成功に導く支援を行います」

※本プレスリリースは、2019年5月21日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。
詳しくは、ey.com をご覧ください。

〈EY Japanについて〉
EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。EY新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社などから構成されています。なお、各メンバーファームは法的に独立した法人です。
詳しくは、www.eyjapan.jp をご覧ください。

〈EY税理士法人について〉
EY税理士法人は、EYメンバーファームです。税務コンプライアンス、クロスボーダー取引、M&A、組織再編や移転価格などにおける豊富な実績を持つ税務の専門家集団です。 グローバルネットワークを駆使して、各国税務機関や規則改正の最新動向を把握し、変化する企業のビジネスニーズに合わせて税務の最適化と税務リスクの低減を支援することで、より良い社会の構築に貢献します。詳しくは、www.eytax.jp をご覧ください。

〈トムソン・ロイターについて〉
トムソン・ロイターは企業と専門家に向けてニュース・情報を提供する企業グループです。顧客の皆様が信頼できる理解を得るために必要となる専門性、テクノロジー、情報を提供しています。トムソン・ロイターは100年以上の歴史と共に、世界100カ国以上で事業展開しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報は、www.thomsonreuters.co.jp をご覧ください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)