ニュースルーム

EY、ビジネス戦略&プランニングコンサルティングにおけるリーダーに選出

独自のビジネス戦略ソリューションを活用したビジネスイノベーションサービスが評価され、リーダーに選出
2019.10.11
EY Japan

EYは、ALM Intelligence社の最新レポート「ALMヴァンガード:ビジネス戦略&プランニングコンサルティング2019」において、ビジネス戦略&プランニングコンサルティングのマーケットリーダーに選出されました。本レポートは、プロフェッショナル・コンサルティング・サービスの購入者向け評価ガイドの一部です。

「EYは、昨年、リーダーに初選出されました。その後も独自のビジネス戦略ソリューションを活用したビジネスイノベーションサービスを展開するなど、より良いサービスを提供し続けており、引き続きEYのさらなる取り組みが期待されます」

とALM Intelligence社はコメントしています。

EYのグローバル・アドバイザリー・ストラテジー・サービス・リーダーであるReto Iseneggerは、次のように述べています。

「デジタル化やエマージングテクノロジーなどのメガトレンドが広く浸透して、従来のビジネスモデルに破壊的なインパクトを与えています。このような状況は、かつてないほどの速いスピードとスケールで続いており、業界やセクター、ビジネス機能は再定義を余儀なくされています。EYプロフェッショナルチームは、EYのシンクタンクであるEYQと連携して、ビジネスリーダーが将来的なインパクトを予測し、変革の時代を勝ち抜いていけるよう支援しています。クライアントが直面する極めて複雑な課題についても、サービス、テクノロジー、グローバルでの実績を包括的に取り入れたEY独自のソリューションおよびサービスを提供して課題解決に向けたサポートをしています」

EYのジャパン・アドバイザリー・ストラテジー・サービス・リーダーの山内基弘は次のように述べています。

「多くの日本企業もまた様々な環境変化に対応するべく、先端のデジタル技術を活用したビジネス変革、いわゆる、デジタル・トランスフォーメーションを模索しています。EYでは、グローバルと直結した専門のデジタル戦略チームを有し、企業変革の目的から掘り起こしたデジタル・イノベーション戦略を支援いたします。また、EYには財務領域、サプライチェーン領域、カスタマー領域など各ファンクション・チームもあり、デジタル戦略チームと連携し、各領域の観点からもデジタル・トランスフォーメーションを現実的にスムーズに実施できるよう支援できます。そして、各チームがデジタル専門のテクノロジーチームと連携し、その時点で最適なデジタル技術を提供することでデジタル・トランスフォーメーションの実行・定着にも貢献できます。このように、日本企業が直面するデジタル・トランフォーメーションのあらゆる課題に対して"点"ではなく"面"で支援できる体制を整えております。」

本レポートでは、最高クラス(best in class)に選出されたことは、そのサービスプロバイダーならびにEYが、ビジネス戦略&プランニングという専門分野において優れたコンサルティング遂行能力を発揮している証であり、そのようなサービスプロバイダーが展開しているコンサルティング手法やサービスは他社に追随を許さない高い効率性を有し、多くの場合、革新的であると説明しています。また、その中でもEYは、データアセットを活用して実行可能なソリューションを生み出し、クライアントの戦略的オペレーティングシステム間に生ずるギャップの解消をサポートしていると記しています。

ALM Intelligenceのマネジメント・コンサルティング・リサーチ・シニアディレクターのNathan Simon氏は、次のように述べています。

「新しくリーダーに選出されたEYは、長期的な企業価値向上をもたらすバリュードライバーを特定するために必要な優れたインサイトと明確な目的に基づいた短期的かつ長期的なプランニングの必要性を認識しています。これを踏まえ、EYはアセットベースのサービスデリバリーに力点を置くことによって、クライアントサービスの迅速化を図り、独自のビジネス戦略ソリューションを活用してオペレーティングモデルやインフラの構築など幅広いサポートを実現しています」

※本プレスリリースは、2019年9月18日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

英語版リリースは以下よりご覧ください。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。
詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈EY Japanについて〉
EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。EY新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社などから構成されています。なお、各メンバーファームは法的に独立した法人です。詳しくはwww.eyjapan.jp をご覧ください。

〈EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。
詳しくは、www.eyjapan.jp/advisory/ をご覧ください。

〈ALM Intelligenceについて〉
ALM Intelligenceは、世界中のコンサルティングサービスに関する正確で信頼性の高い市場規模調査と予測、コンサルティングサービスの購入者に向けたニーズ分析とベンダープロファイリング、各市場の一流コンサルティング会社に関する適時で洞察力に富んだ情報、コンサルティングの実績を測定する業務ベンチマークを提供しています。ALM Intelligenceの調査範囲は、複数のサービス区域、クライアント垂直業界、地理的地域にわたります。ALM Intelligenceのアナリストは世界中のコンサルティング業界イベントで専門的解説を行うとともに、経営コンサルティング企業にカスタム調査を提供しています。ALM Intelligenceに関するさらに詳しい情報は、www.alm.com/intelligence/ までお問い合わせください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)