ニュースルーム

EY Japan、LGBT+に関する企業の取組み指標「PRIDE指標」で最高評価の「ゴールド」を3年連続で受賞

2019.10.25
EY Japan

EY Japanは、2019年10月11日(金)にLGBT+に関する企業の取組み指標「PRIDE指標」で、最高評価の「ゴールド」を3年連続で受賞したことをお知らせいたします。

本指標は、LGBT+に関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体「work with Pride※1」が策定した企業の取組み指標であり、企業・団体等におけるLGBTに関わる取り組みを表彰する制度です※2。なお、今回は2018年に引き続き3回目の受賞となります。

EY Japanでは、今後ともLGBT+の人々を含むすべてのメンバーが自分らしくいられる職場づくりにさらに取り組んでいきます。

  • ※1任意団体「work with Pride」は、企業などの団体において、LGBT 、すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。
  • ※2この表彰制度では、1.Policy(行動宣言)2.Representation(当事者コミュニティ)3.Inspiration(啓発活動)4.Development(人事制度・プログラム)5.Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つのカテゴリーから採点されます。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。
詳しくは、ey.com をご覧ください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)