ニュースルーム

EYトランザクション・アドバイザリー・サービス(株)の
新代表取締役に梅村秀和が就任

2020.07.01
EY Japan
EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社

EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社(本社:東京都千代田区)は、リーダーのヴィンセント・スミスが退任し、その後任として梅村秀和(うめむら・ひでかず)が、2020年7月1日付で代表取締役、およびEY Japan リージョナルストラテジー・アンド・トランザクションリーダーに就任することをお知らせいたします。

後任の梅村は1998年にEYへ入社以降、クライアントの成長ステージ、規模、業種を問わず、事業、投資、債権、技術等さまざまな価値評価を提供し、豊富な経験と知識でリーダーシップを発揮し要職を務めてまいりました。また、EY入社前は、証券会社にて株式アナリストとして財務を中心とするプロジェクトに従事しておりました。なお、このたび任期満了にともない退任するスミスは、7月よりEY Asia-Pacificのストラテジー・アンド・トランザクションのデピュティ・リーダーに就任し、日本を含むAsia-Pacific地域のクライアントの皆様のさらなる発展に向けて、事業の拡大支援に注力していきます。

これまでEYトランザクション・アドバイザリー・サービスは、M&Aトランザクション支援を中心にサービス提供をしてまいりました。今後は、梅村のリーダーシップのもと、戦略の立案・実行支援をサービスの主軸としていきます。さらにサービス全体の名称を「ストラテジー・アンド・トランザクション」と変更し、2020年7月より新たな出発をいたします。クライアントの皆様からより一層信頼されるアドバイザーとして、世界レベルのストラテジー・プラクティスの提供を目指します。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。

〈EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社について〉
今後企業 が競争優位に立てるかどうかは、現在のキャピタル活用戦略 に大きく左右されます。経営環境が急速に変化しつつある中、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社は、M&Aや組織再編などの戦略的なトランザクションやキャピタル活用 のためのさまざまな支援を提供し、クライアントの社会的・経済的価値創造に貢献します。私たち は、幅広い専門性や知見、経験に基づき、クライアントのニーズに応じたプロフェッショナルなサービスを提供しています。キャピタル の維持・最適化・調達・投資などあらゆる局面で、クライアントの競争優位性を向上させ投資リターンを最大化する経営判断をサポートします。詳しくは、www.ey.com/ja_jp/strategy-transactions をご覧ください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)