ニュースルーム

EY、IDC社の調査レポート「IDC MarketScape」においてSAP導入サービスのリーダーに選出

2020.08.13
EY Japan
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
  • グローバルな調査レポートでSAP導入サービスにおけるEYの実績を高く評価

EYは、米国調査会社IDC社の調査レポート「IDC MarketScape: Worldwide SAP Implementation Services 2020 Vendor Assessment」においてSAP導入サービスのグローバルリーダーに選出されたことをお知らせします。

本レポートは、包括的な評価フレームワークと一連のパラメーターによるベンダー分析モデルを特徴とし、SAPシステム導入サポートにおいて短期および長期的に優れたサービスが期待されるベンダーを特定することを目的としています。今回の調査では、SAPの製品ポートフォリオ全体にわたりグローバル規模でサービスを展開するシステムインテグレーター15社が評価対象となり、それぞれの特性を評価しています。

本レポートによると、ITバイヤーはSAP導入サービス分野におけるEYプロフェッショナルチームのカスタマーサービスおよび機能面の有益なアドバイス、コンピテンシーを高く評価しています。同様に、IDC MarketScapeはEYのマーケティングおよび成長戦略を高く評価しています。

IDC社は、ICTベンダー各社の市場における成功につながる要因を「ケイパビリティ」と「戦略」の2つのカテゴリーに分けて分析を行います。「ケイパビリティ」のカテゴリーでは、現時点の企業のサービスおよび製品の提供能力を示し、「戦略」カテゴリーは、オファリング、顧客セグメント、ビジネスに関するハイレベルの判断や仮説、そして今後3~5年間の市場開拓計画に焦点を合わせています。

EY Global Alliances and EcosystemのリーダーであるGreg Sarafinは次のように述べています。

「IDC MarketScapeにおいて、SAP導入サービスのリーダーに選出されたことを光栄に思います。特に、カスタマーサービスにおける強みを高く評価されたことは非常に喜ばしいです。EYでは、イノベーションと顧客アウトカムを何よりも重視したSAP導入サービスを目指しています。その一環として、SAPシステムの導入に伴うリスクを軽減しながら価値創出までの期間をより短縮するEY Intelligent Transformation Platform (インテリジェント・トランスフォーメーション・プラットフォーム)やSAP Industry Cloudのソリューションに多大な投資を行っています。また、EYの各プロフェッショナルは、SAPソリューションの効果的な導入に向けてクライアントにどのようなサポートを提供すればよいのか理解しています。」

EY Japan Technology Consulting SAPビジネス担当パートナーの梶浦 英亮は次のように述べています。

「調査の結果このような評価を得られたことは光栄です。グローバル同様、日本においても多数のクライアントのSAPプロジェクトをサポートしており、構想策定から製品導入までと幅広いフェーズでご支援しています。今後は、日本におけるSAP導入およびS/4HANAへの移行ニーズの高まりに応えるため、グローバルとの連携を緊密にし、ITPのようなツール活用や、リソース拡充を図り、より多くのクライアント支援を充実させていきます。」

IDC社のIT Consulting, Systems Integration, and Artificial Intelligence ServicesのリサーチディレクターであるAli Zaidi氏は次のように述べています。

「SAP導入サービスは奥が深く、着実に成長している分野です。概して企業は、サービスプロバイダーと戦略的な関係を構築して必要なソリューションを展開することにより、ビジネスアプリケーションポートフォリオのモダナイゼーションやコスト削減、確実な成果創出の実現を求めています」

EYのSAP導入サービスに関する詳細は、ey.com/sap をご覧ください。

※本プレスリリースは、2020年7月8日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

〈EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisory/ をご覧ください。

〈IDC MarketScapeについて〉
IDC MarketScapeは、特定市場におけるICTサプライヤーの競争力の適応度を把握できるベンダー分析モデルです。調査方法として、定量的および定性的な評価基準に基づいた厳密な採点方法を用いています。調査結果は当該市場における各ベンダーの位置づけを示す、1つのグラフィックスによって図示されます。IDC MarketScapeは、ICTベンダーの製品とサービス、ケイパビリティ(製品/サービス提供能力)、戦略、さらには現在および将来の市場における成功要因を比較可能とした明確なフレームワークを提供します。ITバイヤーはこのフレームワークを利用することによって、ICTベンダーの強みと弱みを包括的に把握することができます。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について: TEL. 03 3503 1100(大代表)