ニュースルーム

EY、2020年度の売上高372億米ドル(全世界)を記録

2020.09.30
EY Japan
  • 新型コロナウイルスの影響による例年以上に厳しいビジネス環境にもかかわらず、EY全体でバランスの取れた成長を実現
  • NextWave戦略で長期的価値創造に一層重点を置き、EYの人材、テクノロジー、監査分野に2021年度(以下、FY21)に15億米ドルの投資を計画
  • EYの2つのサービスラインが、ストラテジー・アンド・トランザクションとコンサルティングにリニューアルされる。ストラテジー・アンド・トランザクションは売上規模で世界5位となる戦略コンサルティング組織(EYパルテノン)を擁し、コンサルティングは企業の変革サポートに注力
  • EY全体で新たに600名がパートナーに昇格。他社からも新たに462名のパートナーを迎え入れるなど、EY全体で多様でスキルの高いリーダーシップへの投資を実行
  • オンラインプログラムを活用した継続的な人材を育成。「EY Badge(バッジ)」や世界初の無料のコーポレートMBA取得プログラム「EY Tech MBA by Hult」(ハルト・インターナショナル・ビジネススクール提供)など資格認定プログラムの提供
  • サイバーセキュリティ、戦略、チェンジマネジメント、デザイン、SAPデジタル変革を含むテクノロジーの分野で18件の買収を実行
  • 2020年度(以下、FY20)第4四半期には新型コロナウィルス関連の38の新ソリューションを11社のアライアンス企業と共に提供し、クライアント、政府、地域社会をサポート

EYは、2020年6月末終了の会計年度(以下、FY20)の業績を発表しました。全世界の業務収入は372億米ドルを記録、売上は新型コロナウイルス危機(以下、コロナ危機)の世界経済への影響にもかかわらず、前年比4.1%(現地通貨ベース)増加しました。EYは過去7年間で年間成長率の平均が7.7%という力強い成長率を記録しています。

EYのグローバル会長兼CEOのカーマイン・ディ・シビオは次のように述べています。

「世界中の人々、企業、社会がコロナ危機の影響を受け、私たち全員が新たな課題に直面しています。この難局の中でEYが最優先してきたのが、EYメンバー、クライアント、地域社会の安全です。
EYメンバーの強い意志と尽力があったからこそ、私たちはこの未曽有の危機の中で、世界中でクライアントをサポートすることができました。わずか2、3週間で、30万人近くのEYメンバーがリモートワークへ移行し、クライアント企業の事業継続と回復(レジリエンス)へのニーズに対応してきました。EYメンバーはまた、コロナ危機に対するさまざまなソリューションをクライアントに提案し、地域社会や政府へ無償でサポートを提供してきました。これらの取り組みが物語っているのは、「より良い社会の構築を目指して」というEYの理念に根差した私たちのカルチャーがいかに強いかということです。
この数か月間、誰もがみな大変な時間を過ごしてきたとは思いますが、私たちは昨年10月にスタートしたEYの新戦略NextWaveにフォーカスし続けてきました。この新戦略は、私たちの目指すべき姿「長期的価値をすべてのステークホルダーに」を前面に打ち出したものです。私たちは現在、EYメンバーとサービスへの全面的な投資に今まで以上に力を注いでいく必要があり、これによってクライアントが長期的成長を目指して、変革を遂げ、イノベーションを起こし、喫緊の課題に取り組んでいくサポートを行っていきます。」

EYの業績や取り組みに関する詳細情報はこちらよりご覧ください。

※本プレスリリースは、2020年9月10日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、ストラテジー、トランザクションおよびコンサルティングにおける世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバル組織のメンバーファームであるアーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド(EYGM)によって発行されています。EYGMは顧客サービスを提供していません。

《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について: TEL. 03 3503 1100(大代表)