セミナー情報

Post-BEPS (内外)移転価格調査への対応策
~Controversy Seminar~

EY税理士法人では、Post-BEPS(内外)移転価格調査への対応策~Controversy Seminar~を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

BEPS対応税制が施行され、皆さま方におかれては、移転価格文書化の整備は着々と対応を行われていることと存じます。一方で、国別報告書(CbCR)等、租税条約に基づく各国課税当局間の情報交換も拡大が図られ、今後様々な移転価格関連情報が交換される可能性も高まっています。

本セミナーでは、アジア各国のEYメンバーが現地課税当局の動きなどをレポートするとともに、日本当局出身者からは現状分析を提示させていただく予定です。 ご多忙のことと存じますが、是非ともご出席賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

開催案内ダウンロード (PDF:350KB)

【アジェンダ(予定)】

◆課税当局間の情報共有がもたらす世界
◆アジア諸国での移転価格調査の現状と今後
◆各国移転価格調査の本社管理体制
◆日本の移転価格調査(EYの経験)、当局の最新の動き

【講師(予定)】

(一部ビデオによる参加を含みます。また、セミナー開催地により講師の構成は異なります)
・須藤 一郎 (移転価格部リーダー)
・笠原 健司 (移転価格部副リーダー)
・関谷 浩一 (租税政策・紛争リーダー)
・別所 徹弥 (国税庁出身)
・佐藤 雅弘(国税庁出身)
・竹内 茂樹 (国税庁出身)
・荒木 知 (国税庁出身)
・石川 智恵子(国税庁出身)
・西村 淳
・金成 龍秀
・山崎 陽
・山田 早苗
・成田 佳子
・味田 貴志
・Siew Moon Sim (APAC 租税政策・紛争リーダー)
・坂出 加奈 (EY中国)
・山口 哲男 (EYインド)
・齋藤 隆一 (2019年2月までEYインドネシア出向)

※本年3月東京で開催した本セミナーは高い評価をいただいたものの、参加申し込みが予想以上に多く、メール配信後1時間で募集を締め切らざるを得ませんでした。ご参加いただけなかった皆様からセミナーの再度開催の声も多かったことから、この夏、同じ内容のセミナーを再度開催することといたしました。東京では2度目の開催となり、大阪、名古屋では初回の開催となります。

【言語】
日本語

アジェンダ・講師は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

開催詳細

大阪

開催日時 2019年7月30日(火) 14:00-16:30 (受付開始13:30~)
開催場所 梅田阪急ビル貸会議室 1・2号室
大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー26F
会場地図
定員 70名
持ち物 筆記用具、お名刺1枚
定員に達したため締め切りました

東京

開催日時 2019年8月2日(金) 14:00-16:30 (受付開始13:30~)
開催場所 日比谷三井カンファレンスRoom1・2
東京都千代田区有楽町1-1-2
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー 8F
会場地図
定員 150名
持ち物 筆記用具、お名刺1枚
定員に達したため締め切りました

名古屋

開催日時 2019年8月23日(金) 14:00-16:30 (受付開始13:30~)
開催場所 JRゲートタワーカンファレンス 会議室A
名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー16F
会場地図
定員 50名
持ち物 筆記用具、お名刺1枚
定員に達したため締め切りました

【 お問合わせ先 】

EY Japan ブランド、マーケティング アンド コミュニケーション部
email E-mail

同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮ください。