セミナー情報

J-CFCセミナー
新タックスヘイブン対策税制のケーススタディと申告実務対応

いよいよ、新タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)の税務申告が始まります。制度の大幅な見直しにより、課税リスクと租税負担の増大や事務負担の増加など、海外に進出している日本企業は大きな影響を受けるため、すぐに、対応を開始しないと手遅れになりかねません。

本セミナーでは、新税制の概要、ケーススタディ、課税リスクの分析、実務対応のベストプラクティスなどについて解説します。

また、海外子会社が多くすでに新税制の検討が進んでいる企業様向けに、平成31年度改正と実務対応を中心に解説する午前の部(上級コース)と、新税制の基礎から解説する午後の部(中級コース)の2回開催いたします。

概要

開催日時 2019年6月13日(木曜日)
午前の部:10:00~12:00(受付開始 09:30)
午後の部:15:00~17:00(受付開始 14:30)
場所 日比谷三井カンファレンス Room1&2
東京都千代田区有楽町1-1-2
東京ミッドタウン日比谷日比谷三井タワー8F Map

※詳細はPDFをご参照ください
対象 午前の部:多数の海外子会社を有する企業様向け(上級コース)
午後の部:海外子会社が少ない企業様向け(中級コース)
参加費
(税込み)
無料
定員 各回150名

※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申込みはご遠慮下さい。
※筆記用具、受講証(自動返信メールでお送りしております)をご持参下さい。

プログラム

午前の部(上級コース) 午後の部(中級コース)
•はじめに
新税制の影響、リスク、税務ガバナンス
•J-CFC新税制のポイント解説
一定の基礎知識があることを前提にポイントのみ解説
•J-CFC新税制の解説
ペーパーカンパニー、キャッシュボックス、みなし規定の影響など
•平成31年度改正のケーススタディ
ペーパーカンパニーの特例とサポート資料の準備
•平成31年度改正の概要
•ケーススタディ(グループ内再編、統括会社、ファイナンスカンパニーなど) •ケーススタディ(一般的な事例)
•J-CFCにおける実務対応
リスク分析、情報収集と申告書作成のベストプラクティス
•J-CFCにおける実務対応
(海外子会社が少ない企業様向け)
•J-CFC情報収集・申告ソリューション
J-CFCConnect(情報収集から申告書作成まで一気通貫)

※内容は、都合により変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

お申込み方法

本セミナーは大変好評のため、現在席数の調整をしております。GW明けに登録再開を予定しておりますので、しばらくお待ちください。

お問合わせ

EY Japan ブランド、マーケティング アンド コミュニケーション部
Email:japan.seminar@jp.ey.com