セミナー情報

EY Mobility Insight 2nd
クライシスの今だからこそ、未来の移動を考える

緊急ウェブセミナー MaaSこそが処方箋
~COVID-19時代のモビリティビジネス~

COVID-19の影響を受け、国内でも発展の兆しを見せた『MaaS』の存在意義を根底から揺るがしかねない未曾有の事態を迎えています。一方で、グローバルレベルでは既にポストCOVID-19を見据えた動きも見え始めており、日本の枠を超えた広い視点でこの難局の本質を捉え、これを乗り越えるヒントを見いだす必要があります。

各国のモビリティエキスパートと共に、COVID-19のリアルな影響と今後の見通しをお伝えした前回に引き続き、第2回は“Deep-Dive編” として、日本におけるMaaSの第一人者であるMaaS Tech Japan日高洋祐氏をお招きし、最先端の視点からCOVID-19時代におけるMaaSのあり方と今後の可能性について解説致します。

また、参加者の皆さまとのライブQ&Aセッション、ゲストスピーカーとのクロストークを通じ、「COVID-19を受けて、MaaSを取り巻く環境はどのように変化していくか?」、「日本は今後どのようにMaaSに取り組んでいくべきか?」、「MaaSの商機はどこにあるか?」 を紐解きます。

概要

開催日時 2020年7月29日(水)17:00~18:00
場所 オンライン
対象 CXO、経営企画、新規事業企画、自動車、物流、モビリティ、スマートシティ関連部門
参加費(税込み) 無料

同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申込みはご遠慮ください。

プログラム

17:00-17:05

オープニング

17:05-17:40

第1部:スペシャルセッション『コロナ禍でのMaaSの現状と期待』


株式会社MaaS Tech Japan
代表取締役 日高 洋祐

クロストーク『MaaS×COVID-19による社会・産業構造の再構築」

モデレーター
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
商用車&モビリティ リーダー 早瀬 慶

17:40-17:55

第2部:スペシャルトーク ポストCOVID-19時代のMaaSのビジネス機会』

株式会社MaaS Tech Japan
代表取締役 日高 洋祐

17:55-18:00

クロージング

講師プロフィール

日高 洋祐
株式会社MaaS Tech Japan
代表取締役

2005年、JR東日本に入社。ICTを活用したスマートフォンアプリの開発や公共交通連携プロジェクト、モビリティ戦略策定などの業務に従事。
2014年、東京大学学際情報学府博士課程において、日本版MaaSの社会実装に向けて国内外の調査や実証実験を実施し、MaaSの社会実装に資する提言をまとめる。 2018年11月MaaS Tech Japanを創業し、MaaSプラットフォーム事業などを行う。国内外のMaaSプレーヤーと積極的に交流し、日本国内での価値ある MaaSの実現を目指す。 一般社団法人JCoMaaS理事。共著に『MaaSモビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』、『Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命―移動と都市の未来―』(共に日経BP社)がある。

早瀬 慶
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
商用車&モビリティチームリーダー

EY Japanにおける商用車/モビリティの事業責任者。スタートアップ、複数の外資系コンサルティング会社を経て、EYに参画。自動車業界を中心に、20年以上にわたり、経営戦略策定、技術トレンド分析、市場分析・将来動向予測等に従事。商用車チームリーダーとして商用車・物流業界を軸としたBtoB、BtoBtoCに関するコンサルティングサービスを提供すると同時 に、産業の枠組みを超えたモビリティ社会の構築支援に注力。近年は官公庁の商用車・モビリティ領域のアドバイザーを務めるとともに、スマートシティ等の国際会議のプレゼンター・プランナーとして社会創生にも関与。世界70カ国以上の現地でのコンサルティング経験を有する。主な著書に「モビリティー革命2030(日経BP:共著)。他寄稿、講演多数。

※内容、講師は都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お申込み方法

以下の「お申込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申込みください。

お問合わせ

EY Japan
ブランディング、マーケティング アンド コミュニケーション部
E-mail:japan.seminar@jp.ey.com