セミナー情報

EYベンチャーカンファレンス
IPO支援者が語るIPO体験談!
~IPO後だからこそ気付く、あの時にこうしておけば良かったことを本音で語る~

昨今、多額な資金調達をする未上場会社が増えることで、IPOを目指す会社も増えてきています。

IPOを目指すと主幹事証券会社や監査法人やIPOコンサルなどが上場準備に関わります。IPO支援として上場後に振り返ると、あの時に対応しておいたから無事に上場できたとか、もう少し違う対応をしておけば、苦労せずに上場できたなど思うことがあります。

そこで、今回は、上場準備において重要な資本政策策定、利益管理制度構築、内部管理体制作りについて、主幹事証券会社、監査法人、IPOコンサルの立場から、IPO後に気付いたあの時こうしておけば良かったことを本音で語ります。

上場準備中の方、資金調達後にIPOを検討している方などには必見の内容となります。

概要

開催日時 2019年11月5日(火) 14:30~17:40 (受付開始 14:00)
場所 SMBC日興証券株式会社 大阪支店 ホール
大阪市北区曾根崎2-11-8
対象 上場準備会社の経営者・管理担当役員・管理担当者
参加費
(税込み)
無料
定員 70名

※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申込みはご遠慮下さい。
※受講証(自動返信メールでお送りしております)とお名刺をご持参下さい。

プログラム

14:30

開会のご挨拶

EY新日本有限責任監査法人 西日本事業部 IPO支援室長 栗原 裕幸

14:35

資本政策の落とし穴

資本政策はやり直すことができません。
実際の検討に際して留意しておくべきポイントを、上場時から振り返ってみた「資本政策の落とし穴」として語ります。

SMBC日興証券株式会社
第二公開引受部 ディレクター 松本 健一

15:15 休憩・名刺交換
15:30

IPO企業における利益管理制度の盲点

唐突で大幅な業績下方修正を回避するためには、早い段階で戦略修正を促す利益管理制度が求められます。戦略・施策をモニタリングするKPI(重要業績評価指標)の適切な設定・運用方法について解説します。

株式会社ビジネスブレイン太田昭和
理事 川手 健次郎

16:10 休憩・名刺交換
16:25

もっと早く準備しておけば良かったこと

最近、上場審査が厳しくなったという噂を聞きます。しかし、実際は明らかに準備不足によるものが散見されます。監査法人の立場から、もう少し早目に準備しておきたい事項を解説します。

EY新日本有限責任監査法人
マネージャー 公認会計士 小島 淳

17:05

閉会のご挨拶

SMBC日興証券株式会社
企業公開・投資銀行本部 副本部長 日野 孝俊

17:10 名刺交換会

※内容は、都合により変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

お申込み方法

以下の「お申込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申込みください。

お問合わせ

EY新日本有限責任監査法人 企業成長サポートセンター
担当:仁科 明子
Email:osaka-ipo@shinnihon.or.jp
Tel:06-6940-0100