セミナー情報

【緊急企画】乗り遅れないための最新税務セミナー
第1部:米中貿易摩擦下の移転価格と関税評価の解決策
第2部:税務争訟のトレンドは今~包括否認規定を中心に~

EY Japanでは、「緊急:乗り遅れないための最新税務」と題するセミナーを2019年10月30日(水)に開催いたします。日本企業が現在直面している2つの喫緊な税務トピックについてEY税理士法人・EY弁護士法人の実績豊富な専門家が解説します。

米国販売子会社などにとって、関税負担分を米国の消費者価格へ転嫁すれば、価格競争において深刻な影響があることから、価格転嫁ができない状況になっている場合が多いと考えられます。他方、関税負担を中国の製造子会社へ転嫁し、輸出価格を引き下げることとなれば、中国製造子会社の利益水準は低下し、中国の税務当局は、逆に移転価格課税を行う可能性が高まることになります。第1部では、米中貿易摩擦問題において移転価格および関税の観点から、現状および解決策について説明します。

また、今日の複雑化した経済活動に迅速に対応するという点から、包括否認規定の重要性が、課税当局にとってますます高まっています。第2部では、近時の税務争訟事案(特に包括否認に関する判例)を分析し、納税者が特に留意すべき事項について解説します。

ぜひ、この機会を利用し、皆様のビジネスにお役立てくださいますようお願い申し上げます。

プログラム

第1部:米中貿易摩擦下の移転価格と関税評価の解決策

►米国の販売子会社と中国の製造子会社が関税負担分を分割する移転価格上の解決策
►上記を反映した輸出価格を設定する際の関税上の留意点

第2部:税務争訟のトレンドは今~包括否認規定を中心に~

►近時の税務争訟のトレンドや事案の紹介
►包括否認規定の適用が問題となった直近の事例を題材に、判断を分けることになったポイントや実務上の留意点を法人税法の観点から解説

概要

第1部:米中貿易摩擦下の移転価格と関税評価の解決策 第2部:税務争訟のトレンドは今
~包括否認規定を中心に~
開催日時 2019年10月30日(水)14:00~15:30 (受付開始 13:30~) 2019年10月30日(水)16:00~17:00 (受付開始 15:40~)
場所 ベルサール東京日本橋 Room J
東京都中央区日本橋2-7-1
東京日本橋タワー 4階
会場地図
対象 経営企画・新規事業推進担当の経営幹部、責任者様
参加費
(税込み)
無料
定員 各140名
お申込み

定員に達したため締め切りました

※1部、2部両方に参加をご希望される場合は、それぞれにお申込みが必要です。

※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申込みはご遠慮下さい。
※お申し込みは、1社につき2名までとさせていただきます。

お問合わせ

EY Japan
ブランド、マーケティングアンドコミュニケーション部
Email:japan.seminar@jp.ey.com