セミナー情報

Transfer Pricing University(TPU:移転価格を学ぶ総合大学)

tpu

世界各国でBEPS(税源浸食と利益移転)勧告に基づく税制改正が行われるなど移転価格税制を中心とする国際課税の執行は強化されています。一方、企業の持続的成長のためには税金をコストとして捉え、税引後利益の最大化を図ることが求められています。多国籍企業にとって、移転価格リスクの評価・管理はもとより、税務コストの管理・削減などを社内で実践できる人材育成や体制作りが急務となっています。

EY税理士法人は、多国籍企業の皆様が直面する移転価格、その他海外取引に絡む税務の課題に対して、皆様が自社内で専門家を育成し、移転価格税制等に適切に対応していただくことを目的に、TPU(Transfer Pricing University)を開催いたします。

移転価格の基礎知識や文書化実務を体系的に学んでいただくCourse I、よりテクニカルな要素を加えながら実践的な移転価格税制や周辺国際税務の実務を学び、議論するCourse IIの2つのコースを併設いたします。また、Course 共通のセッションとして、2日目の午後には、テーマ別の分科会(選択制)やセクター別のラウンドテーブルも予定しており、皆様の意見交換の場を設けます。

企業皆様でのPost-BEPSの課題や税務戦略の意見交換等を行う場として、この機会を是非ご活用いただきますようご案内申し上げます。

【 開催日時 】

  • 2019年11月26日(火)
10時~18時:研修(ランチ込み)
18時~20時:ディナー交流会
  • 2019年11月27日(水)
10時~18時:研修(ランチ込み)

※宿泊なしの2日間の講習となります。

【 開催場所 】

TKPガーデンシティPREMIUM京橋
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン 22F会場地図

【 プログラム 】

 

Course I

(基礎編)

  • 移転価格税制の基本知識
  • 取引類型別の移転価格実務の基礎
  • 移転価格ポリシー導入に向けた社内での取組み
  • 移転価格文書化への対応
  • 移転価格課税後の救済手続および事前確認制度
  • 移転価格調査と寄附金課税
  • 移転価格と関税

Course II

(実践編)

  • 事例を交えた移転価格分析
  • 無形資産取引等に関する移転価格プランニング
  • 事業再構築と税務コストの管理(OME:Operating Model Effectiveness)
  • 海外勤務者(出向者・出張者)をめぐる税務問題
  • 国際税務に関するBEPSの動向とその対応
  • BEPSと関税
Course IとIIの共通セッション
  • 個別テーマ別分科会(以下のテーマから2つを選択)            1. 金融取引(ローン、債務保証、キャッシュプーリングなど)
    2. ポストディール統合(PMI)に絡む税務課題への取組み
    (組織再編、移転価格など)
    3. 税務におけるデジタルの活用
    4. 税務管理体制の構築とガバナンスの充実
    5. 本社への資金還流プランニングと繰越欠損金の活用
    6. 国際税務に関する最新のトピックとその対応方法
  • セクター別ラウンドテーブル(意見交換会)
    ※以下のセクターは例となります。
    ・自動車セクター
    ・化学セクター
    ・ライフサイエンスセクター
    ・消費財セクター など

Course Iは初級編、Course IIは初級レベルの知識をお持ちの方が対象となります。

【 講師 】

移転価格部のパートナーのほか、国際税務部、インダイレクトタックス部およびピープルアドバイザリーサービス部のパートナー

プログラムおよび講師は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【 参加費 】

25,000円(2日間のテキスト代、食費、消費税含む)

請求書の発行および関連する請求業務は、「三井不動産ビルマネジメント株式会社」が代行いたします。

【 定員 】

90名(各コース約45名)

【 参加申込み 】

以下の「お申込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申込みください。

定員に達したため、ご登録を締め切りました

【 お問合わせ先 】

EY Japan
ブランド、マーケティング アンド コミュニケーション部
email E-mail

  • 個人の方および同業者の方からのお申込みにつきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 本セミナーは日本におけるEYのメンバーファームであるEY税理士法人が主催いたします。
  • お客様の個人情報(貴社名、部署名、参加者名等)は当セミナーの運営目的上、セミナーの参加者間で共有させていただきます。また、当法人グループおよびEY Japanの開催するセミナー/イベント等のご案内に利用させていただきます。