アドバイザリー

サイバーエコシステムにおけるレジリエンス(耐性)の獲得

テクノロジーの急速な進化は、すべての個人および組織がかつてないほど効果的に情報を収集し、分析し、使用することを可能にしつつあります。

統合されたネットワークは、インターネットの力を得て、生産的な情報共有を阻んできた障壁を取り除き、テクノロジーによって経済的、個人の生活に革命を起こすことを可能にしました。

その結果として誕生したのがサイバーエコシステムです。これは相互に影響を及ぼす機器、ネットワーク、人、組織からなる複雑なコミュニティであり、これらの相互作用を支えるプロセスとテクノロジーの環境です。

情報共有の簡便化は、サイバーエコシステムの最大のメリットであると同時に最大の脅威でもあります。犯罪者やその他の悪意ある攻撃者によって、個人情報や価値ある情報が窃盗、改ざんまたは破壊されるリスクは高まり続けています。

拡大するサイバーエコシステムは、利益を最大化するためにテクノロジーの活用方法を変えることを組織に迫っています。同時に、組織はサイバー攻撃レジリエンスも高めなければなりません。これはサイバーセキュリティの脅威に力強く抵抗し、対処し、復旧する能力であり、自社のセキュリティ環境を見直し、より安全で持続可能な仕組みを構築することです。

サイバーレジリエンスを備えた組織は、この目標を達成するために、従来型のテクノロジーソリューション(例:ファイアウォール)やプロセス(例:ユーザー管理やアクセス管理)のみに頼っているわけではありません。これらの組織は、他の組織、サイバー犯罪者およびその他の悪意ある攻撃者に対する優位性を維持するために、レジリエンスに対するきわめて高いリーダーシップ、文化、ネットワーク、変化への対応力も活用しています。

以下についての詳細はレポート全文をご覧ください。

  • サイバーエコシステム内の複雑性とリスクの高まりと、組織にとってきわめて重要で価値ある情報、すなわち「クラウンジュエル(最重要情報)」を守るために従来のアプローチを変える必要性
  • サイバーレジリエンスが意味するものと、サイバーエコシステム内の組織がサイバーレジリエンスを協調的かつ戦略的に育てる方法の理解
  • 持続可能で高いレジリエンスを有する事業運営を実現するためのさまざまなリューションを通じて、サイバーレジリエンスの高いアプローチを情報セキュリティに取り入れるメリット