アドバイザリー

サイバー脅威の誘発要因:新製品の発売

サイバー犯罪者が知的財産にアクセスした場合、これまでの研究開発投資が無駄になる可能性があります。たとえデータは盗まれなかったとしても、データが破損またはコピーされた結果、商品に不具合が起きたり、より安価な模倣品が同時期に発売されたりすれば、ブランドに修復不可能なダメージを受ける可能性があります。

あるグローバルIT企業から待望の新製品が発売されました。この製品の開発は極秘のうちに進められてきました。ところが発売日から数日もたたないうちに、新製品の「革命的な」セキュリティ機能が世界中のハッカーによって破られ、その方法がインターネット上で公開されたため、この機能は無意味なものとなってしまいました。

確認すべき事項:

  • 新製品の発売を遅らせる、または阻害することを狙ったサイバー犯罪に備えているか。
  • 新製品の発売時期に合わせてサイバーセキュリティ担当者を増員し、問題が起きてもインシデント対応チームがすぐに対応できる体制を整えているか。
  • 製品の開発過程で、製品または発売の成功を脅かすようなデータ漏洩が発生する可能性はあるか。
  • 新しいサプライヤーは、サイバーセキュリティに関する会社の文化や方針を完全に順守しているか。