アドバイザリー

サイバー脅威の誘発要因:注目度の高いニュース

知名度の高い企業は、それだけで攻撃の標的になりえます。特に、会社にとって不利な問題(製品の不具合、法人税をめぐる方針、評判の悪い組織との関係、環境問題など)が報じられている時期は報復攻撃を受ける可能性があります。

広報活動の混乱に乗じて、何かほかの事象に注意を払わなければならない企業がハッカーの標的となることが少なくありません。このような時期には、従業員や株主が不規則に予想外の行動を取るため、企業はさまざまなプラットフォームに大量に広がる脅威を識別し、対策を講じることができない場合があります。

グローバル石油業界は、業界に対するバッシングが続いた時期に、世界的なハッカー集団の標的となりました。ある大手石油企業のCEOは最近、同社は1日当たり平均5万件のサイバー攻撃の対応をしていることを認めました。

確認すべき事項:

  • 最近の報道によって、会社が新しいサイバー脅威の標的となる可能性を検討したか。
  • 最近の出来事を受けて、警備担当者を増員することにした場合、サイバー脅威の監視や対応に従事する人員も増やすべきか。
  • サイバー危機が生じた場合、指揮権は誰にあるのか?サイバー分野の人員を短期間で増強することができるか。