アドバイザリー

直ちに講じるべき措置:予測できる体制の準備

サイバー犯罪に備えている組織は、そうでない組織とはまったく違った考え方を持ち、世界を違った目で眺め、サイバー犯罪者が予想もしない方法で問題に対応しています。

そのような組織には、慎重に考えた上で思慮深く協力的に行動する姿勢が求められます。そのために、学習、準備、練習も怠りません。

いかなる組織や政府機関も、すべての攻撃を予測し、防ぐことはできませんが、標的としての魅力を減らし、攻撃に対する耐性を高め、攻撃された場合の損害を抑えることは可能です。

常に攻撃者の一歩先を行くための学習は、困難が伴い、多くの時間が必要ですが、その先には大きな見返りが待っています。デジタル世界がもたらす機会を活用しながら、リスクとリスクに対応するコストは最小限に抑えることが可能になるのです。

まず、組織とそのリーダーは下記の質問に対して明確な答えを持っていなければなりません。「明確な解はまだ持っていない」ものがあれば、それこそが焦点を合わせ、変化を起こすべき領域です。

直ちに講じるべき措置:予測できる体制の準備