アドバイザリー

直ちに講じるべき措置:サイバーセキュリティ対応における顧問弁護士の役割

サイバーセキュリティの必要性は広く認知されているにもかかわらず、セキュリティ侵犯に備えることの重要性は見落とされがちです。

サイバーセキュリティに関するリスクはかつてないほど高まっており、その範囲や規模が縮小に転じる理由はありません。また、企業の価値は知的財産や市場データ等の情報とますます紐づけられるようになっています。

組織の評判や消費者からの信頼にダメージを受けた場合、そのダメージは定量化することは難しいものの、致命的なものとなる可能性があります。しかも、攻撃のリスクにさらされているデータはさらに増え、ますます分散的で、流動的で、絶えず変化するものとなっています。

こうした現実は、経営陣にサイバーセキュリティを組織の最優先事項とし、テクノロジー部門や組織のデジタル資産の防御を担っている人々との協議の場につくことを迫っています。サイバーセキュリティ侵犯が規制面で組織に及ぼす影響や、侵犯がもたらす訴訟の可能性または見込みを考慮すれば、この場には弁護士も参加する必要があります。

詳細は レポート全文をご覧ください。

EY- Download Security Operations Center Download